« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

今年はVロードにしよう!(T-S)

7月29日:阪神6-7東京ヤクルト(甲子園)

7月30日:阪神3-3東京ヤクルト(甲子園)

ヤクルト3連戦、1勝1敗1分。。。これでは追撃ムードにはなりません(泣)

でも選手からは「勝ちたい」オーラが出まくりでしたね!

Photo_151

アニキのファインプレー!レッドのフェンスも恐れないジャンピングキャッチ!一塁へのヘッドスライディング!

みんなユニフォーム泥だらけで頑張ってるじゃないですか。

目の前のアウトを必死に獲りに行く、目の前のバッターを絶対に抑える、来た球を打ち返す!

この野球の原点に選手全員が立ち還って、全力でプレーしています。

去年のセ・リーグチャンピオンチームとしては、情けない状態なのかもしれません。。

しかし、この気持があれば必ず光は見えてきます!

しかも阪神には、闘志ギラギラの代表選手、球児くんがいるじゃないですか!

Photo_152

熱投45球、鬼迫の3イニング!彼の姿を見て諦めるなんて言う阪神ファンはどこにもいませんよ!

甲子園につめかけたファン、TVの前で見ていたファン、ラジオを聞いてたファン、全国の阪神ファンが、彼から「決して諦めない」気持をもらってるんです。

過去5度のリーグ優勝をしてるタイガース。そのうち3度が後半戦での逆転優勝なんです。

最近(って言っても古いけど・・)1985年、21年ぶりに優勝したシーズンだって、7月時点で首位広島に4ゲーム差をつけられてたんですが、最後は7ゲーム差をつけて優勝したんです。

今年も逆転で優勝ですって!!

さあ!Vロードへ出発しましょう。まずは東京でお願い聞いてくれないG倒から!

| | コメント (8)

2006年7月29日 (土)

今こそ猛虎魂を!(T-S)

7月27日:阪神1-5中日(ナゴヤD)

Photo_149

まさかの3連敗。。。。。。

首位中日に4.5ゲーム差。。。。。

竜のシッポが遠のいて行く。。やはり中日には勝てないのか?

ああ虎は終演なのか。。。。

いや!まだ諦める訳にはイカンのです!

7月28日:阪神2x-1東京ヤクルト(甲子園)

Photo_150

魂の熱投、球児くんの為にも!

熱い応援をしてくれるファンの為にも!!

阪神タイガースは

ネバー!ネバー!ネバーサレンダー!なのです。

可能性が無くなった訳じゃなし、まだまだ4.5ゲーム差。まだ8月にもなってない。

こんなところで諦めてどーすんの!!

竜に三つ負けたのなら次勝てばいい!竜が勝ち続けるなら虎も勝ち続けたらいい!

最後は「優勝したい!」って思う気持の強いチームが勝つんです!

球児くんの気迫の投球、気持で打ったヒット、これが今のタイガースに足らないものです。

チャンスが無ければつくればいい。どんな形でもいいから後ろの仲間へ繋いで行く。

ユニフォーム泥だらけにして戦おうよ!快心の当たりなんてなくても、汚い当たりでも、次に繋いで行こう。周りには心強い仲間がいるじゃないか!

必ず10月には笑うんです!!絶対に!!

| | コメント (7)

2006年7月27日 (木)

どした?阪神タイガース(T-D)

7月26日:阪神2-5中日(ナゴヤD)

Photo_148気合が空回り?それともベンチは「勝負はまだ先」って思ってる?

どーも納得できません、私は!

同点で向えた一死一・二塁のピンチ、バッター福留でピッチャー続投。

なぜですか!?

前日も福留にやられてるし、まだ同点だし、ピッチャーのダーウィンちゃんは連打されてるし、福留を抑えれば勝機はあったはず。

でも続投。。。結局逆転タイムリー。。。

ジェフを使えよ!

勝ちパターンにこだわる気持は分からんでもないけど、これじゃジェフと球児くん以外のピッチャーが可哀想です。ジェフと球児くん以外なみんな敗戦処理みたいになってない?

美味しいところは彼らが持ってって、それ以外は能見くん・ダーウィンちゃん・金澤くん・江草くん・・・彼らがいつも大変な場面で登場してる。

そりゃやってられませんぜ、岡田監督!

全員野球がタイガースでしょ。打者は次へ次へ繋ぐ野球。ピッチャーだって繋ぐ野球じゃん!

まだ勝負をかけるのは先って思ってるんでしょうか。

そんなこと言ってたら、もう3.5ゲーム差なんですよ!

虎は諦めない、どんな時も!

この勝負の姿勢をベンチから出してください。試合消化数から考えても3.5ゲーム差以上に開いてますよ。

このままだと、どんどん竜の背中が遠くなる・・・・・

大名野球をするのは百年早い!!

| | コメント (6)

2006年7月26日 (水)

MVP男が一転悪夢・・・(T-D)

7月25日:阪神2-7中日(ナゴヤD)

ドラは虎の天敵中田、私から見ても決してデキは良くなかったですよ。

1回・2回・3回とタイガースはチャンスの連続。

Photo_147

やっぱり野球はミスをした方が負けるのです。。。

オールスターMVP男が一転、A級戦犯になっちゃいました。

モンキー、あれは決めて欲しかったぁ!

相手がくれたチャンス、先頭の井川くんが四球、続くレッドがセンター前、ノーアウト一塁二塁。

ここでモンキーが送ってワンアウト二塁三塁、クリーンアップで先取点・・・のはずが、

送りバント失敗!ワンアウト一塁二塁で濱ちゃんのセカンドゴロでゲッツー。

一瞬にしてチャンスは潰れました(¥_¥)

野球の”たられば”は禁物ですが、きっちりモンキーが送ってたら、二塁三塁で中日は前進守備をひいたかも、そうなれば濱ちゃんの当たりは間違いなくセンター前タイムリーで2点先取、アップアップの中田をKOして、初戦頂き!の予定だったのに・・・・

こんなミスが出た後の回は得点されるものです。しかもけん制で誘い出した井端をシーツが二塁へ悪送球!またもミス・・・・・結局、井川くん打たれ3点先取されちゃいました。

試合の流とはこんなもんです。

調子のよくなかった中田も点を取ってもらって、徐々に立ち直ってきました。

苦手なんですかねー、ファンの目で見て「なんで打てないの!?」って思うほどたいしたピッチャーじゃないけどねー(`□´)

球は速いけど黒田ほどじゃないし、コントロールはいいけど上原ほどじゃないし、顔はぶさいくだし・・・・・負け惜しみッスか?

竜虎頂上決戦名古屋の陣、初戦は敗戦です。

まだまだぁ!!これからが正念場。

阪神タイガース諸君、気持引き締めて、自分の仕事以上のことをしようと思わず、できることをしっかりやって行こうよ。

山場はまだまだ先、でも一つ一つですよ!

| | コメント (5)

2006年7月25日 (火)

今日から後半戦!名古屋の陣

さあ!今日から後半戦ですよ!

大事な首位決戦名古屋の陣!

なんですが、ネタが無い。。。。

まあ、とにかく頑張ってもらわにゃアカンってことです。

がんばれー!井川くん!

がんばれー!タイガース!

| | コメント (2)

2006年7月24日 (月)

新平成の名勝負!でも美味しい所は持っていかれました

7月23日:サンヨーオールスターゲム第2戦

全セントラル7-4全パシフィック(サンマリン宮崎)

男清原に真っ向勝負!魂の4球!

Photo_144まさしく「平成の名勝負」でした。満員のサンマリンスタジアム宮崎、TVの前で今か今かと待ってた、すべての 野球ファンが期待してた瞬間です。

投げるは我が阪神タイガースの「ミスターゼロ」球児くん。

対するバッターは球界の番長、野茂も伊良部も打ち崩した清原。

逃げも隠れもしない、オール真っ直ぐの魂の4球。

見ごたえありましたー(¥_¥)

結果は皆さんご存知の通りです。でも、結果がどーとかは関係ないですね。

昔、子供のころに見た野球の興奮とか、プロ野球選手に憧れたころの気持が甦ってきました。

感動したっ!!!

球児くんも清原も、他の選手とは次元が違うっていうか、世界が違うっていうか・・・上手くは言えませんが、抑えても打たれても納得するっていう感じですかね?

そんな興奮がこの二人の対決にはありました。なんか「もっと見たい!」みたいな。。。

こんな勝負がペナントレースであれば、もっと視聴率も上がると思いますよ。

こんな感動と興奮のさなか、きっちり美味しいところをさらった選手、

モンキーあなたです。MVPおめでとー!

Photo_145

おもわずアニキも球児くんも大笑い(^∇^)阪神ファンも大笑いデス(^0^)

でも、ナイスバッティングでしたよー。ホークスの守護神馬原の153キロでしたから、タナボタじゃないもんね。

チャンスにまわってきて、それをものにするのも一流プロの素質です。

フレッシュオールスター(二軍の球宴)でもMVPを獲って、1軍のオールスターでもMVPを獲るのは史上4人目なんだそうです。

Photo_146

第1戦のヤクルト青木もその一人。

モンキーも青木も、将来”大選手”になる素質があるのでしょうか!?

あるんでしょう!たぶん・・・・

球児くんやモンキーの活躍も当然ですが、アンディの猛打賞、レッドも濱ちゃんも矢野くんも鳥くんもアニキも、みんな活躍しました。

我々タイガースファンにとっては、とってもステキなオールスターでした。

この勢い、後半戦につなげずして、どーしましょうぞ!

この調子で、いざ!名古屋決戦へ!

| | コメント (5)

2006年7月22日 (土)

茨城ゴールデンゴールズ存続決まる

Photo_142解散宣言の出てた欽ちゃん球団「茨城ゴールデンゴールズ」の存続が決まりました。

22日、新潟で行われた震災復興支援チャリティ試合の時、欽ちゃんから

「おれやるよ、みんながやれって言うからやるよ」

「欽ちゃんだけのチームじゃないんだね、みんなが応援してるんだから」

って言ったそうです。よかった!よかったね、選手のみなさん。これで心置きなく野球ができますね。

でも、不祥事があったことは事実です。欽ちゃんが涙しようが、署名運動によって多くのファンが存続を願おうが、起こった事件は事実なんです。

球団も、選手も今回の事件はしっかりと胸に刻んでおいてほしいと思います。

連帯責任の美学なんてクソくらえだって言いましたが、野球は団体競技です。

もっと言うなら、野球はチームと球団と裏方さんとファンが一つになるスポーツだと思います。その誰かが困っていれば助け、力になってあげるのが野球じゃないでしょうか。

選手も球団もファンも、気持ちよく野球ができる環境は、みんなでつくらないと誰かがつくってくれるもんじゃ無いと思いますよ。

今回の事件は、悪いのは当然”極楽とんぼ”山本と同席していたと言われる選手です。

だからって、一部の人間によってがんばってる他の選手が野球をする環境が失われて行くのは、おかしな話でしょう。

球団を解散させるのが責任の取り方ではなく、もう二度とこんな事を起こさない・起こさせない環境をみんなでつくるのが責任の取り方ではないでしょうか。

茨城ゴールデンゴールズが、欽ちゃんの言う「夢列車」なのであれば、野球に対して真面目に取り組んでさえいれば、すばらしい未来がある環境をみんなでつくってください。

今回、関心を持った全ての人へ(当然私も含めて)

せっかくWBCで日本の野球は世界一になったんです。

小さな地域でがんばってる野球チームは全国たくさんあります。

欽ちゃんの球団だからとか、TVで話題になってたからじゃなくて、みんなでこういうチームを応援していきましょう。

リトルリーグでも、高校野球でも、社会人野球でも、当然プロ野球でも。応援する人がいなければ発展しませんから。

本当に野球が好きなら。

欽ちゃん!こうなったら全日本クラブ選手権、優勝してくださいね!

| | コメント (4)

伝説の剛速球!

7月21日:サンヨーオールスターゲーム第1戦

全セントラル3-1全パシフィック(神宮)

Photo_139

カブレラ!真っ直ぐじゃ!打ってみい!

まるで野球漫画のワンシーンを見てるみたい!

こんなワクワクしたシーンはシーズンでは到底無いし、まして成績の関係ない球宴は、ただのお祭りだからワクワクドキドキなんて考えられないのですが・・・

球場全体、いや全国の野球ファンがこの瞬間に一点集中でした。

一球一球に佇を飲んで注目する・・・・・・

球児くんの投じた全10球、オール直球オール150キロ越え。

それもすごいんですが、カブレラ・小笠原のパ・リーグを代表するフルスイングバッターがバットに当たりもしない。

かろうじてバットに当てた小笠原ですが、前に飛びません。

みごと二人ともスイングアウト!空振り三振!

圧巻です!!鳥肌たった(・0・;)

こんなすごいピッチャーのいる阪神タイガースのファンでよかった!

これぞプロ野球!チビッコファンに「藤川選手のような早い球を投げれる投手になりたい」って思わせる、最高のパフォーマンスでした。

球宴も、もう1試合、サンマリンスタジアム宮崎です。

是非、球児VS清原の対決が見たい!

予告直球でうなりをあげる球児くんの剛速球、

それを豪快にフルスイングで清原のホームラン!

球宴本塁打記録は、球児くんの剛速球を打って達成して欲しいです。

打たれた球児くんも、大満足でしょう。見てるファンも大満足です。

これぞ野球!これぞプロ野球!これぞ世界一に輝いた日本の野球!っていう対決を楽しみにしてます。

きっと、球史に残る名場面になりますよ。

| | コメント (6)

2006年7月21日 (金)

欽ちゃん球団「茨城ゴールデンゴールズ」

今やちまたの話題を独占してる感のある欽ちゃん球団こと「茨城ゴールデンゴールズ」の解散話。

極楽とんぼ山本の不祥事で責任をとって球団を解散するって言う欽ちゃんですが、これっていかがなもんでしょう。。。

Photo_137確かに欽ちゃんがオーナーである社会人野球のクラブチームですし、その球団の一所属選手の不祥事は球団の責任であり、オーナーである人の責任かもしれません。

でも、このチームを創ろうって思ったきっかけは、社会人野球(特に企業野球部)の廃部があいついで、本当に野球をやりたいって思う選手の為や、応援してくれる地元のファンの為ですよね。

茨城ゴールデンゴールズが誕生して、その後を追うように色々な方々がクラブチームを立ち上げる様になりました。

それによって野球を志してる選手が希望を持てて、地域が盛り上がって、その中から一人でも多くプロ野球へと進める選手が出てくれば、また盛り上がる。

茨城ゴールデンゴールズは去年の全日本クラブ選手権で初出場ながらベスト8まで勝ち進んだ強豪チームです。

選手のみんなも地元の皆さんも「よし!今年は優勝だ!」って思ってたはずです。

もう”欽ちゃんの野球チーム”じゃ無いと思うんです。

もうタレントさんのお遊び野球の部類はとっくに終わってて、地域の社会文化なんですよ。

社会文化は簡単に無くしてはいけないんです。

社会文化の最たるプロ野球でも「近鉄・オリックスの合併」や、昔「阪急ブレーブスの売却」「南海ホークスの売却」がありました。企業が儲からないからって理由で球団を無くしちゃう。ファンは?選手は?まったく無視かよ!って思います。

野球ってスポーツは、日本人にとって人と人との大切なコミュニケーションの手段だと思います。野球をやるのが好きな人も、見るのが好きな人も、みんな野球を愛してると思います。

プロ野球で、ファン無視の球団運営にはもう懲りてるんです。それに問題定義してくれたのが欽ちゃんでしょ?

選手の不祥事かもしれませんが、極楽とんぼ山本はりっぱな社会人です。社会人ならちゃんと責任は一人で取れるはずです。チームや選手や、ましてや地元のファンまで責任取らないといけないんですか?

欽ちゃん、もう一度考えてください。

茨城の方や全国のファンの喜ぶ顔を無くしていいんですか?

私はそう思います。

ちっちゃい一個人のブログですが、球団解散反対の声になればと思い書きました。

| | コメント (4)

フレッシュオールスター

7月20日フレッシュオールスターゲーム

パ・リーグ選抜8-4セ・リーグ選抜(東京D)

次の阪神を担う若い力が活躍しました。

我らが阪神タイガースからは、

投手:玉置 隆(19歳和歌山出身2年目)捕手:小宮山 慎二(20歳神奈川出身3年目)野手:前田 大和(18歳鹿児島出身ルーキー)高橋 勇丞(20歳愛媛出身2年目)が出場しました。

先発7番センターで出場の高橋くんは、阪神期待のスラッガーです。愛媛済美高校出身の2年目。将来の大砲候補です。3回に左前ヒットを放ち活躍しました。

Photo_1355回ウラの守備から出場は前田 大和くん。タイガースファンの方ならご存知でしょう、オープン戦の時はレギュラーでも出場してました。彼の魅力はなんと言っても華麗な守備!本当守備だけならモンキーより鳥くんより上手い!!

この試合では、定位置のショートではなくセカンドの守備でしたが、難なくこなし、6回にはセンター前にヒット、7回には盗塁とこちらも活躍です。

キャッチャー小宮山くんも先発出場、ノーヒットでしたが初回ウエスタンで11盗塁をきめてるホークスの城所の盗塁を刺して強肩ぶりをアピールです。

投手の玉置くんは期待の右腕です。この試合でも8回から1イニングを無安打に抑えました。

若い世代も着実に力をつけてきてるタイガース。3年後・5年後、彼らが甲子園で活躍するのを今から楽しみです。

| | コメント (4)

2006年7月20日 (木)

甲子園は最高ぉー!(T-G)

7月19日:阪神1-0巨人(甲子園)

行ってきました!阪神甲子園球場!

7_3やっぱりココは最高です!!

球場に入ったら真っ先に目に飛び込んでくる、緑の芝生、満員のスタンド、タイガースのユニフォームを着たファン・ファン・・・、そして焼き鳥とカレーの匂い(それは関係ないか・・)

やっぱり野球は外でやるもんですね。

今季最多の4万8550人。

こんな中で試合ができるタイガースの選手は12球団一幸せ者ですよ。

試合は白熱の投手戦!忍ちゃんと泣き虫上原、お互いにペース配分関係無しでバンバンとばしてました。

試合進行が早い!!早すぎるぅ(+ +;)

甲子園に入って、お弁当食べて、ビール飲んで、2杯目のビール飲み終わったら、もうラッキー7ですよ。

慌ててジェット風船をふくらませねば・・・(汗)みんなも慌てる!慌てる!(笑)

みんな「福原ー!もうちょっと待ってくれー!!」って叫んでましたよ(爆)

迎えた8回ウラ、先頭バッター鳥くんのナイスランの二塁打!

スタンドは「行けー!!鳥谷ぃー!!」の大合唱。

矢野くんがきっちり送って、バッターはせっきー。

Photo_132

甲子園はこの日唯一の「ワッショイワッショイ!」です。

せっきーの打った打球はセンターへ・・・ちょっと浅い!?

鳥くんタッチアップ!ここでも鳥くんのナイスラン!

阿部のタッチをかいくぐりホームイン!

少ないチャンスを確実にモノにした阪神野球。

これで後は9回、球児くんの出番です。

ライトスタンドとアルプスの間、リリーフカーが出てくるところにみんなの視線は集中です。

「ピッチャー福原に代わりまして、藤川!ピッチャー藤川!背番号22!」

ドッわわわわわーーーー!!

「頼むぞー!球児ー!」「がんばれー!!」「いけー!球児ー!」

みんな口々に叫んでます。でも彼が出ればもう安心。

イ・スンヨプに四球与えたけど、まあ「あと一人!」を長く言えたからOKです(^^)V

PhotoMAX153キロで三者三振!最後はジョージだったけど、ジョージも他の試合でがんばってちょ。

試合終了8時15分。

6時20分ぐらいに甲子園に入ったから、約2時間の試合観戦でした。

短いよー(¥_¥)

もっと野球が見たかったなぁ・・・

贅沢は言えません。勝てばヨシヨシです。

帰り道、タイガースファンが口ずさんでたバッティングマーチは、

♪遥か母国、大地ではぐくんだー、そのパワー今ぶつけろ!メシアフロムUSA!ジョージ!ジョージ!♪でした(^∇^)

みごとな前半の最終戦、チャンスは少なかったし、試合時間も短かったけど、大満足の甲子園でした。

後半もガンバレー!タイガース!

| | コメント (9)

2006年7月19日 (水)

連続雨天中止、できるか今日!?

7月18日:阪神-巨人(甲子園)雨天中止

二日連続の中止です。

Photo_131でも9連戦真っ只中でしたから、いい休みになったんじゃないですか?

ドル箱カードでしたから、営業の方はショックでしょうけどね。チケット完売してたみたいだし。。

この二日の中止は9月5日以降に組み込まれるそうです。

レッドも雨の恩恵を受けた一人です。

まだ完治してない左足首のケアにはいい休養でした。なんせ彼はオールスター休みが無いですからねー

じっくり打ち込みをやって、調子は上向き!打撃フォームも完全に好調時に戻ったそうです。

やっぱこの人が1番で塁に出て

「走れー!走れー!あっかほしー!!」

がないとファンとしては寂しいかぎりですよね☆☆☆

オールスター前の最後の試合、伝統の一戦「巨人戦」です。

今日はできますよーに。。。

| | コメント (4)

2006年7月18日 (火)

うぃッス、ジョージ!虎はウサギを眼中に無し

7月17日:阪神-巨人(甲子園)・雨天中止

おう!ジョージ!久しぶりー(^ワ^)ヒヤマサ~ン!

Photo_129

みたいな感じでひーやんと再会場面です。

ん?さいかい?サイカイ、最下位!

ウサギさん、最下位も近いですなー (`ー´)

もはや我がタイガースはウサギさんには興味がありません。

でもタイガースは手を抜きませんよ。

こんな下位のチーム相手にモタモタしてる場合ではないのです。

これから迎えるドラとの首位対決、最後にみんなでビールかけするためにも、

弱いチームからは確実に勝ち星を取る!情けは無用です。

Photo_130

我らの救世主、誠っちゃんの復帰が順調にいって、8月のロード中になるみたいです。

久保田ハルクくんの復帰も8月下旬ごろに早まりそうだし、それまで全員で貪欲に勝利していかなければならないのです。

安藤くんを先発に戻して、ダーウィンちゃんを中継ぎに、濱ちゃんを3番で固定して、濱ちゃん・アニキ・アンディのクリーンアップで挑む。

ここで巨人なんぞに負けることなどあれば、V2も見えてこないし、ましてや巨人のためにもなりません。

目先の補強でなんとか立てなおそうとする巨人は虫が良すぎる話しです。じっくり腰を据えて若手を育てるチームに変わらすためにも、阪神が叩いて教えてあげないと。

今までプロ野球を背負ってきたのは、まぎれもなく阪神と巨人なんですから、今後、伝統の一戦が本当の「伝統の一戦」になるためにも、引導渡しましょう!

「おまえたちでは、もうムリ!」ってね。

でも、お天気が心配です。予報では関西地区はずっと雨ですが・・・・

私、19日に行くんですよねー甲子園(・_・;

| | コメント (5)

甦った猛虎打線(T-D)

7月15日:阪神2-1中日(京セラD)

竜虎決戦、第2ラウンド。

阪神先発はエース井川くん、竜はグニャグニャ投法の山本昌。

竜は、エースの川上で虎にコテンパンにやられたから、今回は虎のエースをやっつけると意気込んでます。

しかし、井川くんはランナーこそ出すものの、ウッズのソロホームランの1点に抑えるナイスピッチング。

Photo_1261点を取られた直後の6回ウラ、レッドが気迫のセーフティバントで出塁、3番4番のクリーンアップ連続2塁打で同点!逆転!!です。

8回をジェフ、9回を球児くんが絞めて、竜の戦意を喪失させて首位決戦連勝です。

エースが抑えてクリーンアップが得点、そして勝利の方程式で勝つ!まさに王者の戦い方。

第1戦の川上、第2戦の山本昌、竜の二枚看板を打ち崩して連勝!

しかもタイガースは下やん、井川くんで予定通り勝利!

この差が大きいんですよ!(^∇^)

7月16日:阪神2-4中日(京セラD)

セ・リーグ首位決戦第3ラウンド。

Photo_128

こらアー!*`□´)

審判、どこ見とんじゃい!

なーにが退場だ!ヘルメットは投げるためにあるんです!(違うって・・・)

しかしアンディの”アレ”で退場になるんだったら、ウッズなんか毎試合退場じゃん。

試合には負けっちゃったけど、苦手としてた中田を追い詰めました。投げてる中田には、ハッキリ余裕の無さが分かりました。これで今までの苦手意識は無くなったでしょう。

後の岩瀬に対しても、虎戦士の気迫は十分すぎるぐらい伝わってきました。岩瀬も打てるぞ!

この3試合、今までの”貧打の阪神”とは違って、繋ぐ!絶対に諦めない!どんなことをしても点を取る姿勢!選手全員で戦う気持が阪神には出てきました。

結局3連戦、2勝1敗で最低ノルマ達成で、中日とは1ゲームしか縮まりませんでしたが、それ以上に阪神に気迫が甦った3連戦でした。

セ・リーグはどう考えても、阪神-中日の2強による優勝争いです。まだまだ直接対決はヤマほど残ってますからねー。

エース川上もブッ叩いたし!虎キラーと呼ばれる山本昌・中田も敵じゃない!抑えの岩瀬からも点は取れるぞ!

虎自身が気迫を出して戦えば、なにも怖くない!

前半戦は2位ターンが決まりましたが、これぐらいで十分です。

オールスター戦開けすぐに「首位決戦名古屋の陣」です。敵地でも3タテ狙いましょー!

え?その前に巨人戦?

あー。。。まだいたんだ巨人って( ̄ー ̄)

| | コメント (3)

2006年7月15日 (土)

この笑顔がタイガース(T-D)

7月14日:阪神7-2中日(京セラD)

爆勝!快勝!気持いいー!(^0^)

Photo_124これが待ってた虎の本当の姿でしょ!

←手荒い祝福を安藤くんにおみまいする下やん。(安藤くんの顔が(´0`)になってた)

よく打ったとかよく投げたは、野球なんだから当たり前。

ましてやチャンピオンチームなんだから、川上だろうが泣き虫上原だろうが、打ち崩して勝つのも当たり前。

でも、それが簡単に出来ないのも野球です。

しかし、チームが一番機能するためには、やっぱ元気と明るさですよ!

Photo_123

このいい顔した奴らたち(^ワ^)見てる我々まで元気が出てきません?

みんなイイ顔してるよ。

←まっちーのホームランをメチャ喜びのアニキ(背中3発はバシバシいってました)

チームが強いとか弱いとかは紙一重。今のプロ野球、実力差なんてそんなにあるもんじゃありません。

でも、強いチームの選手はみんなイイ顔してるもんです。

こんなイイ奴らどこ探したっているわけねーよね。だから阪神は強いんですよん☆

まっちー、虎移籍第1号おめでとー!

前日、ウエスタンで”代打逆転サヨナラ満塁ホームラン”を打ったのに続いて2打席連続ホームランです。

アニキとは広島入団同期(アニキはやたら同期が出てきますねー)。まっちーはドラ1でアニキはドラ4。

ずっと一緒だったから誰よりまっちーのホームランを喜んでましたね。

我々ファンも大喜びですよー!

Photo_125この試合を動かしたのは、鳥くんのこの一発でした。

川上の”伝家の宝刀”カットボールをみごとライトスタンドへ。

鳥くんの打った後のこのフォーム、大好きなんですよ、私。

相手エースをビビらすには最適な一発でした。

後はエースと4番対決でアニキの貫禄勝ち。

去年の最多勝投手が投げ勝って、セ・リーグ代打ホームラン記録を持ってる打者がキッチリ代打本塁打で追加点。

実力通りの快勝でした。

やっと元の元気チームになった阪神タイガース、この調子で竜をガブっと噛みちぎってくださいませ。

おっと忘れるところでした。

濱ちゃんオールスター出場おめでとー。

| | コメント (7)

2006年7月14日 (金)

ドーム決戦だぜ!(T-C)

7月13日:阪神2-5広島(甲子園)

広島戦、3タテならずです。

3連戦3連勝ちゅうのは難しいもんですよ、しかも広島は4連勝して甲子園へ乗り込んできましたからね。

とりあえず2勝1敗は最低ノルマクリアです。

しかしオックスはスタミナねーな(´_`;)打者一巡したところでいつも打たれてる。オーストラリアは季節が逆で今秋だから、日本の夏に慣れてないのかなー?

関係ないよねー。。。

しばらくファームでスタミナ強化に励んだらどーですか?下には筒井くんとか三東くんとか、いいピッチャーはいっぱいいますよ。

Photo_119

レッドが久しぶりの盗塁を決めました。

6月17日のオリックス戦以来の盗塁で今季20こ目。阪神では球団初の6年連続20盗塁を達成しました。

これもすごい記録です。

みんなレッドなら当たり前、みたいに考えてしまいますが、今季は足首の捻挫や自打球を当てたりと、なかなか万全の状態とはいきません。

12日の試合でも右すねに自打球当ててるし、走れる状態じゃあ無いと思うんですが、でも責任感の強い選手会長は走りました。

この「勝ちたい!」っていう強い気持が大切なんです。

打っても2安打でマルチヒット、ようやくレッドのバッティングも復調ぎみです。

矢野くんも猛打賞だし、アンディも11試合連続ヒット中だし、一時期の貧打は多少解消したでしょうか・・・

でも、まだまだ猛虎打線とまではいきません。

投手・野手ともに「勝ちたい!」意識を強く持って、ドーム決戦に臨んでください。

ドラゴンズに勝ち越そう!!

| | コメント (5)

2006年7月13日 (木)

それでも僕らのヒーローだ(T-C)

7月12日:阪神4-2広島(甲子園)

あああ・・・・・・・(¥_¥)

球児くんの連続無失点記録が止まっちゃいました、38試合・47回2/3で・・・

Photo_115しかも暴投で・・・・・悲しいッス(泣)

まあでも、試合に負けたわけじゃないし、まだまだ球児くんも若いんだし、これからまた続けていってくださいな。

今日は出てきた時から、なんか力入ってんなー(汗)って感じでした。

この期間のプレッシャーは相当のものだったんでしょうね。

抑えの仕事を任されてるわけだし、無失点っていうとてつもない記録にチャレンジしてるわけだし、我々ではわからない重圧と毎日戦っていたんでしょう。

これで、その重圧ともおさらばですね。これからはいつもの球児くんのように、のびのびと野球してください。

Photo_117先発の中村泰くん、プロ初勝利おめでとう!

奈良出身、郡山の泰くんと天理のせっきーは同級生です。

サードのせっきーは何回もマウンドへ行って、プロ初先発のピッチャーを守り立ててました。

同期入団の杉山くん・江草くん・久保田くんに先を越され、期待されてるんだけど、なかなか結果が出なかった泰くんも、これで一皮むけるでしょ!

若い力がタイガースに元気をくれました。

でも、やっぱり主役はこの人でしたね(^ワ^)

Photo_118なんと、泰くんと同期入団(?)のアニキでした。

通算350号本塁打!おめでとう!

ミスタータイガース掛布さんの通算記録を抜いて史上20人目です。

この日の2発で掛布さんと並んで、あっさり超えていきました。

やっぱりこの人は頼りになります。お中元や暑中見舞い送っとかなきゃ!!

中村豊くんや鳥くんのファインプレー、アンディのホームランと、泰くんのがんばりのおかげで明るい兆しが見えてきました。

なんか元気出てきたぞー!

広島にあと一つ勝って、京セラドーム大阪でオレ竜を蒲焼にでもして食っちゃえ!!

| | コメント (2)

2006年7月12日 (水)

タイガース№1ピッチャーです!(T-C)

7月11日:阪神2-1広島(甲子園)

すいませーーん!

阪神さんの口座のタイムリー預金は残高不足です。

うっそおー!残高不足でおろせないの?勝負の貯金はたくさんあるのにー!?

ハイ!おろせません。今しばらく預金貯まるまで我慢してください。

つうことで、タイムリー貯金貯めましょ!!今は貯蓄の期間です。

我慢我慢(`_´;)。。。もっと大事な時期がそのうち来ます、その時におろしましょ。

だから今は節約の時期です。ピッチャーが点を与えないのが一番!

2_7

そこで登場!0金利政策の申し子、球児くん!

本日もMAX153キロで、連続無失点記録を43回2/3としました。

これでスタルヒン(巨人、古う~)とタイガースの大先輩、小山正明さんの記録を抜いて、歴代単独5位です。

これはすごい記録ですよー!!

昔の投手は皆先発完投型だからそれはそれですごい記録ですが、球児くんの場合は中継ぎ・抑えですから、1点を争う場面でしか出てきません。

しかも1日の投球回数は1回か多くて2回、これを43回も続けてるんだから、精神力たるや化け物です。

Photo_114この記録は現役投手では球児くんだけ、あと上には別所さんとか金田さんとか、じい様(すいません)だけです。

もう若い選手が抜かないと、いつまでも過去の記録ではダメです。

球児くん、金田さんの64回1/3の日本記録を抜いちゃってくださーい。

ちなみに今日(12日)「すぽると!」で球児くんの特集があります。タイガースファンの皆さん、見ましょうね。

我がタイガースは先発忍ちゃんの投打にわたる活躍で9連戦のアタマ捕りました。

今日は中村泰くんの「プロ入初先発」の予定です。

若い力でチームに勢いを与えてください!

タイムリーは貯蓄中ですから、みなさん期待しないように。。。

| | コメント (4)

2006年7月11日 (火)

お家で大ハシャギしたーい!

さあ、オールスターまでの前半戦、正念場の9連戦です。

打てない阪神は、いかにして少ないチャンスをモノにして、最小失点で抑えるか、これが勝負のカギとなりそうですね。

幸いな事にこの9連戦は”お家”での戦いです。

今日から甲子園で広島戦、14日から京セラDで中日戦、オールスター前ラスト3連戦が17日から巨人戦。

6勝3敗が最低ノルマです!

Photo_113先発ピッチャーも頭数が必要ですよ!

そこで白羽の矢が当たったのが中村泰くん。

彼の決め球は「カミソリスライダー」

サウスポーから投げられる彼のスライダーはジェフのスライダーよりキレキレですよん☆

ただ、今まではコントロールが悪くて、四球で自滅してたんだよなー(+_+;)

でもこの時期に上に上がってくるんだから、期待しましょうよ!

ウエスタンでは3勝1敗1セーブ、防御率1.48の好成績。11日の忍ちゃんに続き12日の先発が濃厚です。

今の阪神には”若いヒーロー”が必要です。

投の中村泰くん、打のリン・ウェイツー、この二人に新しい勢いを注入してもらって、9連戦イっちゃいましょー!!

| | コメント (6)

2006年7月10日 (月)

秋田”こまち”決戦はおかわりできず(T-S)

7月8日:阪神4-2東京ヤクルト(秋田)

7月9日:阪神3-4東京ヤクルト(秋田)

Photo_107レッドの復調!初回の連続タイムリー!

我がタイガースにとって、久々の投打が噛み合った勝利でした。

2回までは!

3回以降はいつもの虎さん・・・今年の虎さんは飽きっぽいの?すぐ手を抜くぅー(泣)

でもエース井川くんの熱投118球!球児くんの無失点記録更新(自責点は井川くんに付いた)で9回の反撃をしのぎ逃げ切り勝利!

秋田こまちを腹いっぱい(とはいかなかったけど)食べました。

この勢いで秋田こまちおかわり!と行きたい第2戦でしたが・・・

終始、後手後手で主導権握れず、前日とは反対に9回反撃も実らず逃げ切られました。

Photo_109阪神14安打、ヤクルト5安打で、得点は阪神3点、ヤクルト4点。

でも「負けに不思議な負けなし」(野村監督談)です。

阪神は効果的(?)な四球を6つも与えてしまいました。しかもほとんど得点がらみ・・・・

まあ、暗く考えても仕方がないし!

レッドも2安打&好走塁だし、アニキは4安打!内タイムリー2本だし。

この際打順いじるのやめて、元にもどしませんか?岡田監督。

1番レッド・2番モンキー・3番アンディ・4番アニキ・5番濱ちゃん・6番せっきー・7番鳥くん・8番矢野くん。

ついでに江草くんも能見くんも先発に戻して、ダーウィンちゃんを中継ぎに。

抑えはJ(ジェフ)A(安藤くん)F(球児くん)で。

どーです?

5番アンディは、最初はいいかな?って思ったんだけど、なんかアンディの良さが死んでると思います。

走者を還す役割の5番とチャンスを作る(拡大する)3番では、5番アンディはどーしても大振りしてしまう様な気がします。

原点に戻りましょ!セ・リーグを制覇した阪神タイガースに!

さあ!地元ホームで9連戦です。ここは一番ファンも気合入れて臨みましょう!

| | コメント (4)

2006年7月 8日 (土)

がんばれ!レッド!

我が阪神タイガースは今日から秋田で二連戦。

ナマハゲでもきりたんぽでも、かかってこい!(????)

地方遠征の「美味いものシリーズ」は少し心配です。

仙台でも北海道でも、美味しいものがいっぱいある地方では、もうひとつ調子が良くなかったから・・・・・

なーに!大丈夫さっ!

Photo_103

今日はレッドが絶対活躍するに決まってます!

なんせ、岡田監督付きっ切りの直接指導ですから。

現在盗塁19、打率290、ここ10試合でも40打数10安打と極端に悪い数字ではないけれど、やっぱりレッドはこの数字じゃあ物足りない。

それ以上に他球団に与える恐怖感が今シーズンは少なすぎます。

レッドの調子さえ上がってくれば、文句無しの不動のトップバッターなんだから、濱ちゃんや鳥くんやシェーンをムリして1番にもってくる必要がありません。

1番レッドと4番アニキが固定できれば、後は繋がりさえ考えれば打順はおのずと決まるのです。

岡田監督も、それを一番わかってるからレッドの直接指導となったのでしょう。

がんばれ!レッド!

秋田のタイガースファンは貴方の快走を期待してますよ!

なにせ秋田で試合するのは53年ぶりですから。

ん?53年ぶり?

53はレッドじゃん!

やっぱり今日の活躍は間違いなーし!!

| | コメント (5)

2006年7月 7日 (金)

しばらくは投手力で勝つしかないか(T-YB)

7月6日:阪神2-1横浜(甲子園)

スコアは2対1

パっと見は投手戦?それとも攻守での凌ぎ合い?1点を争う白熱した戦い?

イエイエ(`∀´)、貧打と守乱の試合です!

打てない阪神と守れない横浜。

横浜は最下位だからしょうがないとして(ゴメンねベイファンの方々)、阪神は首位争いしてるんですよ~!

岡田監督いわく「ビックイニングつくらなアカンなあ」

まさしくその通り!ビックイニングつくって、打撃陣の気分転換が必要でしょうね。

Photo_102我がタイガースの頼れる4番、アニキが361試合連続で先発4番出場を果たしました。

これは我がタイガースでは掛布さんと並んだそうです。

プロ野球歴代3位!2位は近鉄の石井選手の362試合だそうです。

明日でアニキが歴代2位ですね。

名実ともにプロ野球を代表する4番バッターです。

アニキが現役の間はずーっとタイガースは優勝してほしいですね(あ、現役辞めても優勝してね)

こちらは、今や各球団のバッターがこぞってライバル宣言する球児くん。

Photo_101この日も150キロ超連発で、圧巻の”球児ショー”でした。

うおりゃああああー!って感じッスか。

ベイのバッター、みんなストレートを待ってるのに、バットに当たりゃあしねーよ。

ベイのクリーンアップを連続三振!でゲームセット!

安藤くんも良かったし、しばらくは投手頼みで勝ち拾うしかないみたいです。

ヒーローインタビューで矢野くんが

「甲子園らしいワッショイワッショイ!になりませんが、もうっちょっと待ってください」って言ってました。

待ちますよ!(^_^;)でも、早めにお願いしますぅ。。。

| | コメント (7)

2006年7月 6日 (木)

雨ニモマケズ(T-YB)

7月5日:阪神1-2x横浜(甲子園)6回表降雨コールド

雨には勝てません。。。

慎重になりすぎてませんか?片岡くん、杉ちゃん。

確かに2失策、チャンスで三振、これは負けの責任を一人で背負い込むのは仕方ありません。

開幕から勝ち無し、ファームでの調整のかい無しでは、先発ローテはずされてもしかたがありません。

でも、でも!ここでヘコんでちゃあ前には進めません!

チームの負けはみんなの責任。「俺を使う首脳陣が悪い」ぐらいの開き直りで、前を向きましょうよ。

幸いにも今日も甲子園です。ファンがついてますよ!失敗してもいいから、思い切ったプレーをしてください。

Photo_98

アニキ、300二塁打おめでとうございます。

史上45人目の快挙。二塁打なんて狙って打てるもんじゃないからね。

やっぱり試合に出続けてるアニキだから達成できた数字でしょう。

ここはしばらく4番であるアニキに頼らざる得ないのです、がんばって!

まだまだ中日とは2.5ゲーム差です。3連戦でひっくり返せる数字じゃないですか。

今、勢い取り戻してもすぐにオールスター休みに入ってしまいます。

ここは辛抱して一つ一つ勝ち試合をつくってください。

そしてオールスター開けから大バク進と行きましょう!

| | コメント (5)

2006年7月 5日 (水)

勝たせてもらいました(T-YB)

7月4日:阪神4-2横浜(京セラD)

なんか、横浜さんに勝たせてもらった様なゲームでしたね。

立ち上がりはベイ那須野の方が忍ちゃんよりはるかにいい出来でした。

横浜ベイは1回2回と得点を重ね、3回までに忍ちゃんに6安打をあびせてます。

一方タイガースは4回までまったくのチャンス無し。

Photo_97

やっと5回に矢野くんの2塁打の後、出たあ!鳥くんの

野手55イニングぶりのタイムリー!

こりゃMVPもんですぜ!!

って言ってる私は情けないよ・・・・・

約6試合、野手のタイムリーが無かったんですよ。

よく勝ってたなーこのチーム(・_・;)

これで勢いに乗ったのか、相手がのまれたのか那須野、四球の連発攻撃で阪神は苦手な(?)タイムリーを打たずに逆転です。

その後、こりもせずチャンスは作れどタイムリー出ず・・・・

結局追加点はリン・ウェイツーのどデカイホームランのみ。。

勝つには勝ったけど、なんか嬉しくないデス。

いつになったら打線爆発!となるのでしょう。

こんな打線では中日の投手は打てないと思うのは、私だけですか???

| | コメント (5)

2006年7月 4日 (火)

球宴出てる場合かー?

2006サンヨーオールスターゲームのファン投票結果が出ました。

我が阪神タイガースからは6人が選ばれました。

Photo_95藤川球児くん(ファン投票2回目)

アンディ・シーツ(初)

モンキー藤本敦士(3回)

鳥谷敬くん(2回)

金本知憲アニキ(7回)

赤星レッド憲広(3回)の6人です。

毎回毎回タイガースの選手はファン投票で数多くの票をもらって出場してます。

その昔、暗黒の時代には監督推薦で1人とか2人とかって時もありましたね(泣)

組織票だのなんだの言われますが、何であれファンに選んでもらえるってのはありがたいものです。

タイガースファンは行動的ですから、みんな率先して投票します。だから組織票などと嫌味を言われますが、タイガースファンがタイガースの選手選んじゃダメなのかい?

オールスターは1年に1度のお祭りです。(交流戦が始まって値打ち落ちたけど)

勝ち負け関係無しの勝負をしてくださいね、セ・リーグ監督の岡田さん!

でも、今はオールスターより貧打線の方で頭イッパイみたいです。

なんせオールスターまで、まだ14試合もありますからね。

今日から地元で腰を据えて(途中秋田遠征があるけど)打線のたてなおしをして、首位捕りを目指して頑張ってください!

Photo_96

とうとうウサギにジョージが入団しました。

なんか寂しい感じがしてるのは私だけでしょうか・・・

しかしジョージのGユニフォーム

似合わねー!(`ー´;)

私は生まれつきのタイガースファンでありアンチGなので、G好きな人はごめんなさいね。

私はこのYGの帽子を見ると「グリコ森永事件」の犯人にしか見えません。

ジョージはTHの帽子が似合ってたよ(\_\)

背番号91って、悔い(クイ)が残るってか!

| | コメント (4)

2006年7月 3日 (月)

どっちが情けない!(T-G)

7月1日:阪神2-4巨人(東京D)

7月2日:阪神0-2巨人(東京D)

情けない!!勝ちたい気持が感じない!

打てない、走れない、守れない、元気もない!って巨人に嘆いたけど、それは阪神のことだったんだと痛感しました。

50イニング野手のタイムリー無し。1日は8安打で2点(巨人は6安打で4点)、2日はたったの3安打、三塁も踏めず。

じゃあ、打てないならキッチリ守れよ!が3失策、うち2失策が得点がらみ。

Photo_93これじゃあ勝てません。

ひどすぎませんか?まして巨人戦で!

どっちが連敗してたチームだかわからん・・・・

3安打8奪三振の投手が勝って、3安打8奪三振の投手が負け投手だって。どーいうこと!?

こっちはエースが投げてんだよ、野手全員でエースの足ひっぱってる。

出てくるバッターはどいつもこいつも、いい球簡単に見逃して難しい球に空振り三振。

早くも内海に苦手意識でも持ってるの?呆れるよ(`□´)

楽しい日曜日のナイターを早々に終わらせやがって!どーしてくれる!この後の時間。退屈じゃん。

この試合のA級戦犯は上坂、お前だよ!

2打数ヒット無し、2失策。なにしに来た!?井川くんに負け付ける為に出てきたのか?

今季初スタメンに起用してくれた監督の気持に応えろよー。

スピード違反でチームや球団に迷惑かけて、それでも期待してくれてるのに。

ファンだって裏切られても、君のパンチ力に期待してたのに、それなのに・・・・・

阪神タイガースは現在重傷です。大重傷。

4日から地元で横浜戦です。

お得意様なんて思ってたら、また足元すくわれますよ。

常勝軍団なんて・・・今の地位にあぐらかくなんて100年早い!

気持の見える野球やれよ!

勝ちたいんやー!!

| | コメント (7)

2006年7月 1日 (土)

伝統の一戦ってもっと深いところにあると思う(T-G)

6月30日:阪神11-0巨人(東京D)

巨人って、いつからこんなチームになったの?

2ヶ月ぶりに伝統の一戦が帰ってきました!(やっぱりコレよ!交流戦はいらなーい)

期待で胸ふくらませ、ワクワクドキドキしながらTV観戦です!が・・・・・・・・・

Photo_89なんじゃこれー!

俺のワクワクドキドキを返してくれー!

打てない!走れない!守れない!元気もない!(連敗中だからしょーがないけど。。)

先発メンバーの中で3人だけ生え抜きのG戦士、あとは移籍組。

移籍が悪いわけじゃないけど、若手の台頭と、生え抜きのスター選手と、それを補う補強選手、チームにはバランスが大事でしょう?

4月に調子良かったのは移籍組の活躍です、小坂とかイ・スンヨプとか・・

だってそれは相手チームに移籍選手のデーターが無いから、手探りでの勝負になる訳で、そーなると移籍組ってのは活躍しますよ。

でも、ひと月ふた月たつとデーターも揃ってきて、相手チームは弱点をドンドン攻めてきます。

こーなると活躍しなくなる。活躍しなくなると、元々の戦力は弱いからチームの成績は落ちてくる。だから新たに補強をするようになる。そーなると若手の選手は伸びてこない。

悪循環でチームは弱くなり、魅力が無くなり、人気がなくなるんです。

巨人戦のTV視聴率が悪いのは、チームに魅力が無いから!

球団が、がんばって無い証拠ですよ!

いくら巨人とはいえ、長年応援してきた、阪神ファン以上の熱狂的なG党はたくさんいるはずです。そのファンが可哀想だよ、ないがしろにされてる。

たとえ弱くても、元気な若手が出てきたとか、今我慢すれば、きっと将来素晴らしいチームになる予感がするとか、長年巨人を愛した本当のファンは、そんな巨人を待ってるんじゃないの?

阪神ファンは18年も待ったんです。だから愛情は12球団イチ!だから熱狂的に応援するんです。

そんな熱いファン同士に応援されるから伝統の一戦なんじゃないですか?

Photo_91村山対長島、江夏対王、掛布対江川、岡田対原の東西若大将対決・・・魅力のあるスター選手が数多くいたのが、阪神-巨人でしょ。

阪神若手生え抜きのスター候補、濱ちゃんに対向するようなピッチャーはいないの?

球児くんの剛速球を打ち返すような、活きのいい若手はいないの?

これが11-0に現れてるんです。

移籍してきた大砲選手を捨てて、小粒な選手を移籍させったて一緒!何も変わらない!

明日も明後日も、これからも伝統の一戦は続くんです。

チビッ子ファンにワクワクドキドキの素晴らしい伝統の一戦を見せようじゃないですか!

将来、野球選手を夢見るような・・・・・・

| | コメント (7)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »