« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

祝!日本一、ファームだけどね(T−D)

0609300930sokuho0442_mde00161g060930t山形で行われた「ファーム日本選手権」
二年連続で阪神対千葉ロッテの戦いになりました。

結果は、見事阪神が6ー0で勝利、3年ぶり4度目の日本一に輝きました。おめでとう!!
阪神は初回、二死から喜田くん、桜井くん、藤原くんの3者連続ホームランで4点を先制。
桜井くんはこの日2発のアーチをかけました。
投げては1軍でも活躍した中村泰くんが見事な完封。
去年の雪辱をはらしてくれました。
来年は彼らの活躍を1軍の試合で数多く見たいですね。

9月30日:阪神1−7中日(甲子園)

はっきり言って自滅です。あれだけミスが出たら勝てません。
一つも落とせない、切羽詰まった気持ちは分かりますが、固くなる必要はまったくないのに・・・・
マウンドでうなだれた福ちゃんの姿がかわいそうでしたね。。。。

痛い敗戦で中日が俄然有利になってきました。
でも、そんなことハナから分かりきった事。無茶な事は百も承知。
奇跡に挑戦してるんですから、こんなところで落ち込んでる場合じゃありません。
明日からまた連勝スタートさせましょう!
今度は最後まで勝ち続けて!

| | コメント (4)

ハイ!風邪などひきません!(TーD)

9月29日:阪神4ー0中日(甲子園)

Sbb0609301ns_1もう!あなた達!大好きです!!
矢野くんの先制タイムリー!せっきー・アニキ・レッドの大大大超超超ファインプレー!下やんの気迫のピッチング!濱ちゃんの猛打賞!球児くんの復活剛速球!
もう挙げていけばキリがありません。みんなみんなよく頑張った!最高!

でもその中でも一番の感動は、なんと言っても誠っちゃんのタイムリーツーベースでしょ!
首位打者も打点王も取った、虎の安打製造機が今年は苦しんでたもんね。
しかも、ケガによる戦線離脱。
本人が一番辛かったでしょうに・・・・

でも、この奇跡を起こそうとしてる時期に、しかもこんな劇的な形で復活してくるとは、誰が想像したでしょう。
阪神ファンはみんな待ってましたよ、あなたの勇姿を!
お帰りなさい誠っちゃん!

球児くんの涙のヒーローインタビューから始まった快進撃。
アニキが絶対に諦めない宣言、矢野くんのファンの皆さんと気持ちは同じです宣言。
そしてエースの涙。
そこに平成のMr.タイガースの感動の復活が加わりました。
もう怖いモノはありません!
奇跡の物語は阪神タイガースが主役で進んでいたのです。
最後まで、この物語を見届けようじゃありませんか。
つうか、この物語に参加しましょう!阪神ファンなら!

そうそう忘れてましたが、落合監督の「首位攻防戦のわりに盛り上がってないなぁ、昔の甲子園の方が盛り上がってた」っていう我々にケンカ売ってる発言。
川上で負けて、耳でも遠くなったんじゃねーの!?
4万8510人の大観衆で、誠っちゃんの劇的タイムリーが出て、今季初の下やんのお立ち台で盛り上がらん訳がないでしょ!
負け惜しみ言うなら、もうちょっとマシな事を言いましょうね、落合さん。

「朝晩、寒くなりましたから風邪などひかないようにしてください」(下やん談)
ハイ!わかりました!!

| | コメント (7)

2006年9月29日 (金)

横浜さーん(¥_¥)(TーC)

9月28日:阪神6ー0広島(甲子園)

焼き鳥大好きな私です。
以前お話した、虎党のくせに選手を信じない女将の焼き鳥屋ではなく、ダミ声親父の焼き鳥屋へ行きました。
久しぶりに行ったせいで親父、しこたま世間話をしてきます。
私は世間話なんぞ、どーでもええねん状態。気になるのは新内閣でもなけりゃ、NYダウでもありません。
そお!阪神タイガースのみ!!
当然、阪神戦はTVでチェックです。(違う番組が映ってたからチャンネル無理矢理変えさせた!)

お杉はここんとこ調子いいですよね。ナイスな立ち上がり。
この日も先制したのはタイガース、初回アニキのみごとなツーランホームランでした。ナイスバッティング!!

でもそこから、老練(?)な佐々岡のピッチングにやられて、なかなか追加点が奪えません。
調子の良いお杉との投手戦です。

ピンチを迎えるお杉ですが、最大のヤマ場、代打前田をショートフライに打ち取って切り抜けます。

早く点取ってやれよー!もう追加点って言うよりだめ押し点です。
代々リン・ウェイツーのタイムリーに始まり06092810レッド、せっきーの連続タイムリー!!
勝負あったーー!でした。

レッドは一時期の絶不調から完全に脱出しましたね。
ひっぱっての強い打球が打てるようになってきました。
当然、盗塁も決めて虎のリードオフマン復活です。

そこでダミ声親父が一言・・・
「赤星はナイスガイやな」(なんかミョーに納得顔)

ナ、ナ、ナイスガイって・・・・親父意味分かってるか??

まあ意味は分かってなくても、レッドが良い奴だってことは、ちゃんと分かってるってことですよ。
これからのレッドの逆襲が楽しみです!!

一方名古屋では、中日が逆転されたとの情報!!!
焼き鳥食ってる場合じゃあありません。(またしても私だけがはしゃいでましたが・・・・)
「このまま勝てよーー!ベイスターズ!」。。。。。。。。。
の願いもむなしく、またまた逆転負け。
なんか横浜さん、中日に勢い付けただけちゃうん(¥_¥)(泣・泣・泣・泣)

なんの!マジックが一桁になろうとも、虎は勝ち続けるのみ!
怒濤の6連戦、まずは広島3っつは頂きました。
今度は中日から3っつです!いただきましょう!!

合計「星6っつです!!」(堺正章さん風に)

| | コメント (7)

2006年9月28日 (木)

井川男泣き、私は良いように考えます(TーC)

9月27日:阪神5ー1広島(甲子園)

エース井川くんの突然の変身ぶり、見てた人もビックリしたでしょう。私もビックリしたんですから。
イニング終了に走ってベンチへ戻ったり、ゲームセットでのあの涙。。。。
一部(大部分かな?)報道では、来季のメジャー行きが決まれば、甲子園でのラスト登板になるから、その惜別の涙だとか言われてます。

00123313_1でも、私は違うと信じたい!
まだ、残り試合を考えても井川くんの登板はあるでしょうし、無ければその時点で虎は終焉を迎えてます。
本当に優勝が現実味を帯びてきたら、大事な所で中継ぎ登板だってあるだろうし。

エースと呼ばれてるにもかかわらず、大事な9月にふがいない結果だったのが悔しかったから・・・・
チームメートへ迷惑かけてたから・・・・
そんな色々な気持ちが入り交じった涙だったと私は信じたいです。
純朴な青年だから、ファンの心ないヤジだとか、嫌でも叩かれる新聞記事だとかが、彼にとっては辛いものだったんではないでしょうか。

虎の本当の戦いはこれからです。
負けられない戦いは最後まで続きますが、今はまだ中日への挑戦権をかけた戦いです。
優勝をかけた戦いはこれからきっと来ます。
その時には、調子がいいだのなんだのは関係ありませんから。気持ちだけで戦う時がきっと来ます。
井川くんもその時はフル活動してもらわにゃなりませんもんね。

北の大地では日本ハムが1位通過を決めました。
プレーオフがあるから、1位即優勝ではありませんが、優位な状態であるでしょう。
その日ハムの新庄くんからご指名が来ました。
「名古屋の人には悪いけど、最後は甲子園でやりたい」と!
ご指名を断る訳にはイカンでしょ!受けて立ちましょうよ!!

中日は残り15試合でマジックは10。
つまりあと5敗以上するようであればタイガースの優勝の目があるってことです。
そのためにはタイガースは当然全勝が条件です。
選手全員そのつもりです!!ファンだってそのつもりです!!

虎は勝ち続けますよ!
だから横浜さん、今日は勝ってーーー!

| | コメント (8)

2006年9月27日 (水)

新庄くん待ってなさい!(TーC)

9月26日:阪神3ー2広島(甲子園)

今季最後の大一番、甲子園での6連戦!「絶対に負けられない戦いがそこにはある」(どっかで聞いたぞ?)
9月負け無しの安藤くんの先発で始まった広島3連戦の初戦。
いきなりのアンディ・濱ちゃんのタイムリーでタイガースが先制!
相手はルーキーピッチャーですから、先取点を取るってのが一番です。

安藤くんも調子自体は良い方ではありませんでしたね。
でも要所要所はキッチリ絞めて、リードは保ったままです。

06092704どうしても中押し点が取れないまま、終盤へ。。。
ここで一発を放ってくれたのが鳥くんでした!
いつもとは違う雨風が吹く甲子園球場。
打った瞬間「いったー!!」って言う文句無しの当たり。
打球はライナー性で虎党で満員のライトスタンドへ!
どーしても欲しかった追加点が、一発で入りました。

後でダーウィンと吉野くんでピンチを作って、内野ゴロの間に1点入れられたことで、この一発がいかに大きな追加点だったかが分かりますね。

7回途中から”K”久保田くん、8回は”J”ジェフ、そして最後は、魂の豪速球”F”球児くんの”J・F・K”そろい踏みで必勝リレーの完成。
見ていて、なんか勢いあんなー!って言う試合でしたね。
もう負けませんよ!虎は!
最後まで勝ち続けます。何連勝なんて関係ない!
毎日が開幕戦で毎日が最終戦です。

阪神の試合が終わって、さあ横浜を応援しなくちゃ!

結局サヨナラ負け、ゲーム差は3のままマジックは11となりました。
横浜へ言いたい事は山ほど有りますが、この後も勝ってもらわにゃあアカンってことで、あえて言いません。

とにかく負ければ終わりのトーナメントです。
今日も絶対に勝ちましょう!

勝って、優勝して、新庄くんの日ハムと日本シリーズだあ!!

| | コメント (5)

2006年9月25日 (月)

獣王無敵タイガース(TーG)

9月24日:阪神4ー1巨人(東京D)

>まるで孫悟空がグラブをはめてユニフォームを着たみたいな・・・・<デイリースポーツより

上手い事言うなぁー(・_・)

昨日のホームランといい、今日のファインプレー3発といい、いまモンキーはノリノリですね。

打っての援護もかっこいいけど、守りの援護ってのはピッチャーだけでなく選手全員が元気になれるよね。
見てる我々ファンも元気になっちゃう!つうか勇気が出てくる!

まだまだ虎は死なない!絶対に諦めない!って気持ちにさせてくれました。06092510_2
打っても守っても、今の虎は選手一丸です。

中日は、のびたヤクルトに連敗(^^)♪
これでゲーム差はとうとう3ゲームとなりました。

竜のシッポは確実に見えてきました!!

さあ、明日から甲子園で6連戦。今週末には直接対決最終ラウンドです。
我らが阪神タイガースの今季最後の大一番!
最後にみんなで笑えるためにも、是が非でも勝ち続けましょう!

そうです!無敵の我が名ぞ阪神タイガース!!ですからぁ!!!

| | コメント (7)

2006年9月24日 (日)

ウサギには勝ち越そう!(T−G)

9月23日:阪神11ー2巨人(東京D)
久しぶりのタイガースの試合、久しぶりのblog更新です。
なんせ三日も試合が無かったから、退屈で退屈で・・・・
でも久しぶりが伝統の一戦だったし、阪神猛打爆発でスカっとした(^^)♪
しかも!しかもですよ!中日まで負けちゃって、こりゃあもう最高でしょう。
しかも(しかもが多いな)掛布さんが解説してるのに勝つなんて、こりゃあビックリです。
この調子で2戦目も頂いて、東京ドーム連勝と行きましょう!そしてウサギとの対戦成績を五分に戻して、最後の甲子園で勝って勝ち越すと!

中日とのゲーム差は4ゲーム。
阪神は連勝モードバリバリですが、中日さんは見事に1勝1敗ペース。
来週末の甲子園での中日戦までに、ゲーム差無しまで行かんかなぁ〜

しかし阪神は不思議なチームですね。中日以外にはやたらと強いのに、ナゴヤドームではどーも借りてきた猫(虎)みたいに、手も足も出ないんですから。。。
まっ、今年はもうナゴヤドームへ行くこともないもんね!
心置きなく全部勝ちましょう!

しかしサミー・ソーサは来るんですかねー。
第二のグリーンウェルにならない事を祈ります。

| | コメント (8)

2006年9月19日 (火)

阪神電鉄を名古屋まで延ばしてください。

9月17日:阪神2-0中日(ナゴヤD)

9月18日:阪神6x-5東京ヤクルト(甲子園)

悪夢と言うか、鬼門と言うか、それが実力と言うか、なぜナゴヤドームでは勝てないのでしょう。。。

ナゴヤドームの最終決戦、川上と山本昌に2試合合計3安打しか打てず連続完封負け、しかも二戦目には屈辱のノーヒットノーランまで達成されて、まるで中日の優勝をバックアップしてるかのような阪神の戦い、やっとこ最後に勝てました。

名古屋に来るまで、9月に入って11勝1敗1分の勢いなんて何処にも見えませんでした。むしろ今季最悪の試合でしたよ。

そこで提案!来季の名古屋対策として、阪神電鉄を名古屋まで乗り入れさせましょう!親会社の沿線で無様な試合はできないでしょうから。

大阪では阪神電鉄の西大阪線と近鉄線の相互乗り入れのため、千日前通の地下に新線を工事中であります。行く行くは阪神電車に乗って神戸方面から奈良方面まで直通で行けるようになるのだとか・・・

それならいっそのこと、近鉄線を利用させてもらって名古屋まで行きましょう、阪神電車!そうすりゃ名古屋も阪神沿線みたいなモンじゃないですか。

10月から新しく「阪急阪神ホールディングス」が発足し、阪神タイガースもその新会社の傘下となる阪神電鉄の子会社となる訳で、大きな企業体がバックに付くことになるんですから、是非”鬼門名古屋対策”を考えて欲しいものです。

ムリなら西宮神社へ必勝祈願へ行くのとつでに、

名古屋までいってお祓いしてきて欲しい!!

お願いしますm(_)m

阪神もタイガースファンも結構あきらめ悪いですね~。そこが好きなんですが。

もう首の皮一枚どころか、神経一本ぐらいしかつながってない状態です。その大事な神経をすり減らすような試合をしてくれますよ、このチームは(・_・;

Photo_225この日の殊勲は、セッキーでもなけりゃ矢野くんでも濱ちゃんでもありません。

東京ヤクルトの青木くん、ありがとう。

彼が実はタイガースファンだとは知りませんでした。いや!もしかしたら早稲田同級生の鳥くんとデキテルとか?

んな訳ないでしょ・・・・

今の阪神は他力本願でしか望みはありませんが、勝つことぐらいは自力で勝てよ~(T_T)

元エースの井川くんは相変わらずで、メジャーの評価下げっぱなしです。もうポスティングの目は無くなりましたね。FA権取得するまで阪神で頑張んなさい!

もう1敗も出来ないんですからね!

| | コメント (8)

2006年9月16日 (土)

踏んだり蹴ったり・・・(T-D)

9月16日:阪神0-3中日(ナゴヤD)

連続完封負け

しかも山本昌にノーヒットノーランまで達成されて!

ヒットの1本も打てず。

タイガースの連覇の望みは、遥か遠く彼方へ消えて行きました。。。。。

遥か彼方の望みを手繰り寄せる為には、

中日が残り13勝11敗なら

阪神が残り16勝1敗です。

中日が14勝10敗なら阪神は残り全勝・・・・・

中日が15勝9敗なら阪神は・・・・・・・追いつきません。

明日こそ勝とうぜ!!せめて・・・・・・

| | コメント (2)

明日!明日!!(T-D)

9月15日:阪神0-7中日(ナゴヤD)

明日や明日!!

Photo_224誰がエラーしただの、誰が打たれただの、誰が打てなかっただの、負けた試合をグチグチ言うても始まりません。負けは負け。

ゲーム差は、それだけのことです。

後2試合、勝ったらええねん!勝ったら!

完封のボロ負けの方がスッキリしたやろ。

もうこの際、鬼門だのへったくれは関係なし!石に噛り付いてでも勝つ!それだけ。

後二つ勝てば3ゲーム差まで縮まるんだから。そうなったら他力本願でもなんでも、何かが起こるんです。

だから絶対に勝て!!!!!

| | コメント (2)

2006年9月15日 (金)

やっとできた3タテ、70勝到達(T-C)

9月14日:阪神4-2広島(広島)

決勝点は今日も泥臭い形でした。

2-2の同点で迎えた8回表、2アウト満塁で打席には鳥くん。当たりは決して良くは無かったですが、飛んだコースはヒットコース。ショートがグラブに当てて弾く間に二者が生還。この2点が決勝点となりました。

前日も鳥くんの内野ゴロの間の決勝点。そりゃあ快打連発で勝つ方がカッコイイし気持もイイでしょう。

でも今の阪神は高校野球と同じくトーナメントの真っ最中!一敗でもしようものなら、即終演となるサバイバルデスマッチみたいなもんです。

だから泥臭かろうが汚かろうが関係ありません。

勝ちゃぁいいんです!!

でも汚い当たり(鳥くんゴメン)ばかりじゃありませんよ。

Photo_223今日も虎はアーチで先制しました。アニキの21号ホームラン。

ここんとこアニキはすこぶる元気です。この3連戦で、なんと9打数7安打4打点ホームラン3本とまさに絶好調です。

中日スコアラーが「金本を打たすと打線が爆発する。金本は絶対に抑えないといけない」と警戒警報を発令しました。

次の中日戦では、あまり勝負してこないかもしれませんね。

でも全員野球の阪神はアニキが歩かされれば、濱ちゃん・鳥くん・矢野くん・モンキーが必ずやってくれるでしょう。

大事な首位決戦ですが、阪神は中日だろうが広島だろうが関係なし。とにかく目の前の試合を一戦一戦大事に戦って勝つのみですから。

誠っちゃんも、中日戦から復帰という噂も出てます。

とにかく一戦必勝!残り19試合、目標19連勝です。

しかし調子ぶっこいてる落合は腹たつ!!なんとかアイツの苦虫噛み潰した顔が見たいものです。

| | コメント (3)

2006年9月14日 (木)

勝って縮める!奇跡は起こる!(T-C)

9月13日:阪神5-4広島(広島)

(元?)エース井川くんが早々とKOされてタイガースのピンチ!

助けてー!虎の国際救助隊!!

まずは1号桟原くん(大阪出身)。ドジャーズのスカウトが来てたにもかかわらず、すっかり並の左腕に成り下がった虎のエースを救うべく、颯爽とマウンドに上がるMAX150キロ越えの右腕。

虎のピンチにも動揺することなく、4回・5回をパーフェクトリリーフです。

よっ!男前!!(^^)/

続いて2号発進!マウンドへ救助に向かうは復活男、吉野くん(埼玉出身)。前田・森笠のうるさい左バッターを絵に描いたようになで斬り!

よっ!かっこいいー!(^^)♪

よし!3号発進!最近ちょこっと不安なダーウィン(ベネズエラ出身)。でも今回は落ち着いて吉野くんの後を抑えましたが、続く7回にちょこっとピンチ。2アウト一・二塁でバッターは赤ゴジラ。

ここで登場は4号ジェフ!(オーストラリア出身)。嶋をきっちり料理して、後は5号へバトンタッチするだけ。(8回はちょっと不安でしたが・・・)

Yo!Good Job!!(^^)V

発進5号、球児くん(高知出身)。剛速球でバッタバッタとはいきませんでしたが、今後の連投も考え、変化球も織り交ぜての見事3三振でゲームセット!

Photo_222正念場の8連戦、連勝スタートです。

井川くんをエースと呼ぶのは当分やめときます。メジャーのスカウトが来てる時はいいピッチングしてたのに「今回はスカウトさん来てないの?」って思ってたら、来てましたがな、ドジャーズが。

つうことは、井川くんはドジャーズには入りたくないって訳ですかな?

このままメジャーの評価が下がれば、来季もタイガースで頑張るしかないって事でしょう。

決勝点は鳥くんの内野ゴロの間。でもいいんです!どんなに泥臭い勝ち方でも!

勝てば勝つだけ連覇に近づくってモンです!

たとえ先発が崩れても、虎には国際救助隊がついてます。

え?なんで国際救助隊かって?

日本人とベネズエラ人とオーストラリア人だから・・・・・・・・・

ムリがありますか?(・_・; やっぱりね。

| | コメント (5)

2006年9月13日 (水)

8連戦、あたま取りました(T-C)

9月12日:阪神6-2広島(広島)5回降雨コールド

8連戦、あたま取りました~!♪

逆転優勝へ向けて大事な8連戦の初戦、アニキの2発と鳥くんの決定弾で勝利です。

Photo_218雨を切り裂く弾丸ラーナー。低い弾道で逆風をもろともせずライトスタンドへ第19号ホームラン。

ここぞって時には、やはり頼れるアニキです。さすが虎の4番!

5回にもダメ押しとなるバックスクリーンへの第20号ホームラン。これで3年連続20本塁打です。おめでとうアニキ!

「よくぞこんな雨の中、試合したな広島さん」って思ってたのですが、やってくれてよかった(ありがとうカープ)。

もし中止だったら、秋田で竜に睨まれたウサギはもう失神寸前でしたからね。0.5ゲーム差が開いちゃうところでした。

5回で終了でしたから、先発の安藤くんも中日戦へ向けて、いい肩ならしになったことでしょう。なんせ前回は中3日で完封勝利でしたから、間隔があまり開かない方が調子いいみたいだしね。5回で終了ってことで”おいしい”連続完投勝利でした。

Photo_220この試合を決定付けたのは、鳥くんの3ランでした。

2-1という展開、しかも雨が降ってて、いつ中止になってもおかしくない試合でしたから、彼のホームランはまさしく”KOパンチ”でした。アニキも三塁塁上で派手なガッツポーズ、それほど決定的な3点でしたね。

天気の悪い日は、とっとと点取って勝ち逃げする。これが一番です。

この際、どんな勝ち方でもいいんですから!

中日もしぶといから負けません(っていうか、巨人さんちょっとは意地見せてよー)

でも追われるチームはプレッシャーが出てくるものです。追いかけるチームは一戦一戦勝つだけ。

中日もまだまだ安泰って状態にはなってないと思う。本当のプレッシャーはこれから来ますよ。

とにかく阪神は今日も明日も勝つだけ!天も味方につけたタイガースですから、もう怖いもの無し。

2軍ウエスタン優勝の次は1軍の連覇です。絶対に!!

| | コメント (8)

2006年9月11日 (月)

ありがとう横浜ベイスターズ、来年もよろしく(T-YB)

9月9日:阪神5-3横浜(甲子園)

9月10日:阪神6-1横浜(甲子園)

火曜日から始まる最後の8連戦へ向けて、好スタートを切るための大事な大事な横浜2連戦でした。どーしてもタイガースは連勝しておきたい。

そこで一番頑張ったのは38歳おじさんトリオでした。

Photo_213初戦先発は下やん。ここんとこ勝ち星がついてません。なんとか勝利をもぎ取って2ケタ勝利といきたいところです。

結果108球の熱投で見事10勝目。タイガースでは井川くん・福ちゃんに次ぐ3人目の2ケタ勝利。38歳にして、今尚進化を続ける下やんに拍手です。

オフに身体をいじめ抜くトレーニングはタイガースファンの方なら皆さんご存知。走って走って走りまくるオフのトレーニングはTVでも報道されて、年々過酷な練習になってます。

これによって衰えを知らない鉄腕左腕は今年も2ケタ勝利。03年に10勝、04年こそ7勝でしたが05年は15勝で見事最多賞、今年も10勝で二年連続2ケタ勝利です。

Photo_215”同級生”下やんへの援護射撃はアニキでした。

14試合ぶりの第18号スリーランホームラン!14試合ぶりとは驚きです。この人も衰えを知りませんね。たぶん50歳まで現役でしょう!

今オフ、二回目のFA権獲得ですが、200%タイガース残留ですな!間違いなく!

この日はレッドも2安打したし、リン・ウェイツーも久々の代打アーチで快勝でした。

2戦目の活躍は、下やん・アニキの”同級生”喜連瓜破の星!(大阪の人以外、わからんだろうなぁ)矢野くんでした。

Photo_2163打数2安打、14号・15号の2本塁打の大活躍。

阪神タイガースの捕手本塁打数では、田淵さんが最多ですが、年間20本以上の捕手本塁打となると、78年の田淵さん(38本)以来28年間出てません。

残り22試合、奇跡の連覇を達成するためにも、矢野くんには是が非でもあと5本以上のホームランを打ってもらわにゃあ困りますからね。

なんせ貴方は「猛虎の要」なんですから。

先発は今や虎のエース福ちゃん!中4日の連投です。

Photo_217113球の見事連続完投勝利。今季の最短試合を演出です(甲子園のファンは勝って満足ですが、短すぎって感じですか?)。

もう福ちゃんが投げてる試合は安心して見てられますネ。

被安打5・奪三振7、これで規定投球回数にも達して防御率は2.03。1位の広島黒田(1.86)が戦線離脱ですから、最優秀防御率も見えてきましたよー。

次の登板はおそらく名古屋での中日戦。防御率アップのためにも完封勝ちなんぞ決めてくれれば、大満足なのですが♪

調子の落ちてたアンディもタイムリーを打ったし、若手5番・6番の濱ちゃん、鳥くんも連続タイムリーで好調を維持。打線も元気です。

さあ火曜日から広島3つの後、大事な名古屋3つです。その後は甲子園に帰ってヤクルト2つ(3戦目は予備日)の8連戦。

横浜の連勝はもう過去のこと。明日から8連勝をスタートさせましょう!!

| | コメント (9)

2006年9月 8日 (金)

連勝ストップ、でも追撃は止めないぞ(T-G)

9月7日:阪神0-3巨人(甲子園)

阪神の連勝が6でストップしました。中日も負けたのですから勝っておきたかったです。

でも、考え方によっては良かったのかもしれません。連勝はいずれ止まるものです。どーせ止まるのなら首位も同時に負けてた方がゲーム差は変わらないのですから、首位が勝ってる時に負けるよりはマシでしょ。

ウサギのグローバーにいいところ無く完封負けでした。チャンスは8回の一死満塁ぐらい。そのチャンスに三番手豊田からせっきー・アンディが連続三振で無得点。

グローバーは最初からとばしてましたが、タイガース打線もいい当たりはするものの野手の正面をつくアンラッキーばかり。「いずれは打ち崩せる」が最後まで打ち崩せませんでした。

Photo_210先発の井川くんはイ・スンヨプ一人にやられました。

しかも完璧にカモられてます。12打数6安打。6安打中5本がホームランというカモぶりです。

井川くん目当てで来てたメジャーのスカウト(今回はブレーブスとマリナーズ)でしたが、メジャー思考のイ・スンヨプにとっては格好のアピールの場となってしまいました。

いつもなら、メジャーのスカウトが来てる時はいい投球をするのですが、メジャーへアピールする気持はイ・スンヨプの方が強かったってことですね。

これで来季、イ・スンヨプのメジャー行きは確実になりましたね。一人阪神の天敵が去りました(もう勝手に決めてます)

Photo_211阪神のとって唯一の明るい材料はレッドの復調です。

8試合ぶりのマルチ安打で盗塁も決めました。

やはりタイガースの野球はこの人抜きでは考えられません。

レッドが出塁して、投手にプレッシャーをかけて、盗塁してかき回し、クリーンアップが還し得点する。相手チームはもうガタガタ!これがタイガースの野球です。

今季は中々調子が上がらなかったレッドですが、これから本来の活躍をしてくれる事でしょう。

ここ15試合で8勝6敗1分の阪神、一方中日は4勝10敗1分です。はっきり言って中日は確実に落ちてきてます。しかも中日は試合消化が一番遅いから、過密スケジュールになってきます。調子落としての連戦は連敗する可能性大です。

ここがチャンスです!

今日は阪神は試合無し。中日は苦手広島と敵地で激突。広島に頑張ってもらって確実にゲーム差を詰めておきたいところですね。

タイガースは明後日から地元甲子園で大好きな横浜2連戦。

また連勝をスタートさせましょう!

| | コメント (7)

2006年9月 6日 (水)

福ちゃん最高!今季初6連勝(T-G)

9月5日:阪神5-2巨人(甲子園)

阪神タイガースとして、実に60年ぶりの「先発全員&毎回安打」。こんな事が起こるのは奇跡が始まった証拠でしょう。

Photo_206それにつけても、ヒーローは福ちゃんです!

ナイスピッチング!(^ワ^)♪

中4日、前回登板でも107球を投げてて、今回も133球。タフな右腕にタイガースファンは最敬礼です。

大きく曲がるカーブでカウントを取り、スライダーでコーナーを突き、140キロ後半のストレートで打ち取る、最初から最後まで危なげないピッチングで今季10勝目。

防御率も2.11。規定投球回数に1回1/3足らないけど、現時点では広島の黒田(1.86)に次いで2位。今後の投球次第では、最優秀防御率のタイトルも射程圏内です。

でも今は、10勝だろうがなんだろうがチームの勝利を最優先する頼もしいピッチャーです。

福ちゃんも所属する「阪神タイガース・バス釣り同好会」のメンバーが活躍。

同好会会長の矢野くんはチーム5点の内3点をたたき出し、守っては横浜戦の安藤くんに続いて連続完投をサポート、なんと心強い”女房役”なんでしょう。

もう一人の釣り同好会会員はせっきー。彼も3回あわやホームランの打球(TVで見てたらホームランに見えたんですけど・・・しかもハイビジョンだったから、よく見えた)ですが判定はファール。その後まるでセーフティバントのようなボテボテのゴロの内野安打で7試合連続ヒット。

Photo_209他の選手も活躍です。なにせ先発全員安打ですから。

レッドも実に2週間ぶりの盗塁を決め、アンディも今季158本目の安打でセ・リーグ最多安打1位を堅持し、アニキは激走3塁打。濱ちゃんは3打数2安打のマルチヒット、先制されたすぐに同点二塁打。モンキーは調子悪ワルでエラーもしてましたが最後にヒットを放ってなんとか汚名返上です。

極めつけは鳥くんのランニングホームラン(ならず)です(笑)

彼も3安打・猛打賞の活躍で勝利に貢献。打率を3割に乗せてきました。もう恐怖の6番バッターでしょう!

投・打共に今シーズン最高の形になってきました。

応援してたヤクルトは応援のかい無くドラに敗れてしまいました・・・でもタイガースは目の前の敵を倒すだけ!

奇跡は確実に近づいてます!!

| | コメント (6)

2006年9月 4日 (月)

5連勝!ドラ追撃体制整う(T-YB)

9月3日:阪神8-0横浜(横浜)

ハンカチ王子”佑ちゃん”ならぬ、虎の王子(?)優ちゃん、みごとプロ入り初完封!

おめでとう安藤優也!!

2日の吉野くんがプロ入り初セーブなら、同期の安藤くんがプロ入り初完封。この二人は03年の優勝の立役者。

オフの優勝特番で「安藤・吉野ホモ疑惑」が出てたほどの大の仲良しです(TV見てた人は覚えてると思いますが)

Photo_204中2日での登板、しかも「世紀の誤審」の日以来の横浜スタジアム、彼の胸中は色々な思いがあったことでしょう。

でも彼は堂々としたピッチングでした。8奪三振134球の熱投でみごと完封勝利。球児くんどころかジェフまで休ませる、なんと親孝行な人なんでしょう。

病気で体調不良だった奥さんも元気になられたみたいだし、これから安藤くんは、先発だけでなく中継ぎでも活躍してくれると信じてます。

表ローテを注ぎ込んだドラ戦の後、この横浜2連戦は結構大事な試合でした。

いつもの虎なら”燃え尽き症候群”になっても仕方の無い試合、でも吉野くん・安藤くんの「03年V戦士」が活躍して連勝!試合に勝ったことも嬉しいですが、それ以上に新たなヒーローの誕生に、逆転Vの光が見えてきました。

Photo_205打っては濱ちゃんのダメ押しスリーラン。

5点でも十分だったのですが、このダメ押しのおかげで、お疲れの救援陣をしっかり休ませることができました。

8月31日川上から放った逆転ホームランから中2日。9月は4月並の”量産体制”に入ってくれれば、鬼に金棒”ならぬ”虎に濱棒”です。

4番のアニキが多少調子を落としても、3番アンディが元気で5番濱ちゃんと6番の鳥くんが好調ですから、打線が繋がります。

投打に好調さを取り戻したタイガース、Gに負けたドラとのゲーム差は「6」。直接対決も「6」。

いよいよ奇跡の光が見えてきました。

鳥くんのヒーローインタビューの通り、横浜に連勝して甲子園へ帰ってきます。

迎えるはジャイアンツ、中日戦では応援したけど、コイツらはやっぱり敵。遠慮なく3つ頂きます!

一方、ドラの相手は古田ヤクルト。対戦成績はヤクルトの6勝8敗(阪神より勝ってるじゃん)リグスやラミレスが大活躍してくれるでしょう。

がんばれー!ヤクルトスワローズ!

名古屋で東京音頭歌ってねー!!

| | コメント (6)

2006年9月 2日 (土)

先に勝っといたぞドラ!(T-YB)

9月2日:阪神5-3横浜(横浜)

なんとか逃げ切りました。杉山くん今季2勝目おめでとう!(遅いけどネ)

吉野くん、ナイスセーブ!!

プロ入り初セーブです!よくがんばって球児くんを休ませました。

打っては鳥くんの先制ツーランホームラン、続いて矢野くんのホームランとアベックアーチ。

4回には杉山くん自ら2点タイムリー。

でも、ベイの牛田(だったと思う)に4回途中からノーヒットに抑えられて嫌~な雰囲気でしたが、杉山くん→ジェフ(ここが一番危なっかしかった)→吉野くんのリレーでなんとか逃げ切りました。

もうこの際、勝ち方だのへったくれは関係ありません。

勝てばいいんです!!

後はナイトゲームの中日-巨人の結果待ちです。

Go!Go!GIANTS!!(本意ではありませんが、この際しかたがないでしょ)

なんとかウサギが(元)球界の盟主の意地を見せてくれー!応援するからー!!

| | コメント (4)

2006年9月 1日 (金)

意地の一発、エースを粉砕!(T-D)

8月31日:阪神8-7中日(甲子園)

夏休み最後の甲子園に奇跡の女神が舞い降りました。

マウンド上は憎たらしい言葉を書いても書き足らないぐらい憎っくきエース川上憲伸。

私は友人と行きつけの焼き鳥屋さんで観戦中。焼き鳥どころの話ではなくなってます。

私「よし!アニキがフォアボール、濱ちゃんのホームランで逆転や!」

友人&焼き鳥屋の女将「打たへんって、無理無理…」(焼き鳥を食う)

私「打つ!絶対に打つ!」

Photo_197カッキーン!!

「行ったぁぁぁぁーーー!!」

友人&女将「ほ、ほ、ほんまや…」(焼き鳥は食ってる)

私「ほーれ(自慢)やっぱり濱ちゃんはやってくれる!信じてたで!最高や~(涙)」

友人&女将(焼き鳥食いながら)「濱中やから打てんと思った」

私(ムカッ!!)「鳥くんもいったれー!!」

Photo_199カッキーン!!

「これも行ったぁぁぁーー!!」

友人&女将(無言……焼き鳥食うの止まる)

この友人はその昔「阪急子供の会」に入ってた、今や世界遺産級の阪急ブレーブスファンです(でもオリックスは嫌いらしい)。女将は根っからのタイガースファンですが、どーも人を信じない!「ハラハラドキドキするのは身体に悪い」ってのが口癖。

敵のような味方のような、どーも良く分からないメンバーで応援してました。

続く矢野くんもホームランなら3連発で完璧に優勝モードだったのですが、そこまでは甘くないか。。。。

Photo_202後は球児くんが抑えたら勝利!

昨日のリベンジに燃える球児くんは、ちょこっと力が入りすぎてます。馬に例えると”かかってる”ってやつです。

1点取られてバッターはウッズ、心配で岡田監督が出てきました。

「むちゃくちゃしたれ」とは言ってないでしょうが、新聞紙面によると「お前で負けたら仕方が無い、好きにしたらええ」と言ったそーです。

そーです。心中すると決めたんですから、球児くんに任せた!

きっちりウッズを三振に切って獲ってゲームセット。

Photo_203笑顔がはじける勝利の儀式です。

「チビッ子たちに勝利をプレゼントできてよかった」と濱ちゃんがヒーローインタビューで応えれば、「横浜で連勝して甲子園に帰ってきます」と鳥くん。

アニキの先制打や桧ーやんの代打二塁打、せっきーのファインプレー、福ちゃんから球児くんまで6人の投手リレー・・・・タイガースは全員で勝ち取った勝利です。

天敵中田を打ちのめし、エース川上を粉砕し、もうこれでドラアレルギーは完治したことでしょう。

まだまだ道のりは険しいですが、一戦一戦一丸野球で戦いましょう!

見たか!焼き鳥屋の女将!阪急子供の会!

| | コメント (5)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »