« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

井川はヤンキース!

29日井川慶の入札球団が明らかになりました。

06101409_2それは、ニューヨークヤンキース。

楽しみにしてた松井の三振取りも無し、ユニフォームが似合うかどうかも、またタテジマと楽しみはすべて無くなりました。

でも、よかった!よかった!!
ヤンキースならBS中継が見れるでしょ(^^)
井川対松坂の投げ合い、井川対イチローなどなど・・・
来年はMLBも楽しみになりました。(このblogでも書かねば!)

正直、私はヤンキースが好きではありませんでした。
なんか巨人みたいで嫌い。
どちらかと言うとレッドソックスの方が「なんかアメリカの阪神みたいじゃん」と思ってて好きでした。
でも、井川くんが入ったとなれば話は別!これからは応援しますよ。
ユニフォームもタテジマだしね♪

ニューヨークには日本語の話せる散髪屋さんはあるのでしょうか?
松井がいるから大丈夫か。

ヤンキースGMブライアン・キャッシュマンのコメントが泣かせます。
>「井川慶の日本での素晴らしいキャリアを見続けてきた。交渉の機会を得て嬉しい。阪神タイガースは成功に満ち、認められた球団。どれほどファンが熱狂的かは、何人もの方に聞かされた。もし井川をブロンクスに連れてくることが出来るなら、彼が慣れ親しんだのと同じ熱狂を用意できる自信がある」<(共同)

野球発祥の地アメリカでも、聖地”甲子園”の凄さは知れてたんですね。
我々阪神ファンとしては嬉しいコメントです。
ま、甲子園ほどの熱狂がヤンキースタジアムにあるとは思えませんが(`ワ´)
ちなみに私はヤンキースタジアムへ行ったことなどございませんm(__;)m

げせわな話ですが入札金は30億だそうです。
さて阪神はこの金額と、戻ってくるだろう預かり保証金29億、合計59億を有効に使ってきっちり補強してください。

| | コメント (8)

2006年11月28日 (火)

オフも守備練習 今岡、井川は入札あり

Base05小雨降る鳴尾浜球場で誠っちゃんはひたすら守備練習です。

首位打者・打点王の誠っちゃんの完全復活が、我が阪神タイガースのV奪還の鍵を握ってます。
本当に今年は辛い1年だったと思います。

タイガース低迷の暗黒時代。
野村監督に、中々使ってもらえなくて、長く2軍暮らしが続きました。
ショートやセカンドで使ってもらえないならとファーストの練習もしようとしてた誠っちゃんに
「なにしてんねん。内野のグラブだけ持って来い!」
と声をかけたのが当時2軍監督だった岡田監督でした。

岡田監督は来る日も来る日も誠っちゃんに声をかけ、くさらず練習させました。
それが今日の今岡誠の原点なのです。

星野監督時代に、オープン戦で2番に使ってもらって結果を残して、この年レギュラーを確実なものに。
でも彼の秘めた能力を開花させるまでには行きませんでした。

翌年1番バッターとして大活躍!首位打者を獲得。
阪神を18年ぶりの優勝へと導きました。

岡田監督になって、星野時代の継承の迷いから誠っちゃんもうまく行かないシーズンでした。
しかし、岡田監督2年目、チャンスメイクの1番からポイントゲッターの5番へ。
そこで彼に求めてたものは”打点”でした。
2軍時代の恩師でもある岡田監督の求めてたもの以上の結果を残し、球団歴代最高の打点で打点王を獲得。
球団創設70周年を見事優勝で飾ることができました。
その時の選手会長であることも付け加えておきます。

このように阪神の好調時には常に今岡誠の活躍があったのです。
だから来季V奪還の為には必ずこの男の活躍が必要なのです。

でも本人が一番分かっているのでしょう。
彼の本気の目が物語ってます。
だから「大丈夫!!」きっと誠っちゃんはやってくれます!

ポスティングでの入札が閉め切られた井川くん。
数球団からの入札があったみたいですね。
本人のんきに将棋を見に行ってましたが、まあ入団先が決まらんことには落ち着かんし、練習しても身に付かんでしょうね。
28日の午後には入札先が発表になるみたいですね。
果たしてマリナーズか、メッツか、ダイヤモンドバックスか、カージナルスか、それともヤンキースか。
どこになってもそのチームのユニフォームが似合うかどうか心配です。(それだけかい!!)

| | コメント (3)

2006年11月27日 (月)

オフ・シーズンへ突入

秋季キャンプも終わり、ファン感謝デーも終わり、納会も終わり、今季の阪神タイガースの予定はすべて終了しました。

06112306今季活躍できた選手、そうでなかった選手、けがに泣いた選手・・・様々ですが、これから2月1日のキャンプインに向けて早くも来シーズンのスタートです。

鳴尾浜では”ポスト井川”にむけた左腕の競争がもう始まってます。
今年活躍した能見くん江草くん、活躍できなかった筒井くん中村泰くん岩田くん、けがに泣いた三東くん。
彼らのうち誰が来季はブレークするのでしょう?
新人の小嶋くんも含め、左腕投手陣の”新しい戦力”に期待です。

さて、これから阪神ファンとしては、井川くんの行き先も気になりますし、星野SDが言われた中南米からの外国人選手の補強も気になります。

エースが抜けた2007年のタイガースですから、若手投手陣の底上げはもちろんのこと、
それだけに頼らず新戦力の補強も必要不可欠でしょう。

打撃陣にしても結構ベテラン選手が増えました。
まだまだバリバリの選手達ですから、若手のレギュラー奪取までは行かないでしょうが、脅かす選手が出てきて欲しいですね。
思えば今年出てきた若手といえばリンくんぐらい。
来季は桜井くんとか喜田くんとか赤松くんとか、ウエスタンで活躍常連組は一人でも多く1軍に上がってきて欲しいものです。

今年優勝した中日はもとより、毎年大補強をくりかえす巨人、地力のあるヤクルトや広島、監督が変わった横浜と他チームも侮れませんが、選手が個々が自分の仕事をキチンとしてくれれば、阪神のV奪取は間違いないと思います。

来季はセ・リーグV奪取、22年ぶりの日本一、そしてセ・リーグチーム初のアジア一を目指して我々ファンも鋭気を蓄えましょうね!

| | コメント (1)

2006年11月22日 (水)

若虎4選手

大学・社会人ドラフトが行われ、我が阪神タイガースは4選手を指名しました。

前日に書いた期待の内野手、大引くんはロッテでもヤクルトでもなく、なんと”予想外”のオリックスが3巡指名でした。
関西人の大引くんですから、阪神でなければオリックスが指名ってのも考えられたことですね。
しかも近鉄時代からスカウトは大引くんに注目してたみたいで、大引くんも指名直後は困惑の様子でしたが、オリックススカウトから連絡を受けてからは入団に前向きみたいですね。

Oot0611221203nsさて阪神の指名選手ですが、1巡目希望獲得枠ではご存知の小嶋投手(大阪ガス)を予定通り指名しました。
背番号29番を背負わせてもいいと岡田監督も期待してる即戦力です。
きっと阪神の左腕投手陣の中で勝ち上がって、開幕1軍ローテーションの入って来るでしょう(来て欲しい)

3巡目指名も投手です。武蔵大の上園投手です。
MAX148キロの本格派右腕。無名の首都リーグ2部の大学出身。阪神版”雑草魂”で上原を目指します。
彼の持ち味は速球に加え、強靭なスタミナにあります。
今秋リーグ戦で延長14回と1/3を投げ、翌週に延長15回を完投したという耐久性は井川くん並のスタミナの持ち主。
先発でも中継ぎでも、どちらでもこなせるスタミナと速球で1軍を目指します。

4巡目指名は関西学院大の清水捕手。(写真)
兵庫県三木市に生まれ小野高校から関学・阪神と、まさに地元の星。
関西No.1と呼ばれるキャッチャーは2塁送球1.8秒という強肩です。
キャッチングから投手への声のかけ方まで、すべて矢野くんを師匠と崇める”矢野崇拝者”。
高校ルーキー橋本くんと共に”ポスト矢野”へ殴り込みです。

最後5巡目指名は大城祐二内野手(TDK千曲川)。
50メートル5.7秒の俊足でスイッチヒッターの”俊足巧打”の選手。
TDK千曲川の監督は、阪神から一時指名を断られて再度指名になったため、ちょこっと怒ってるみたいですが、当の本人は大喜び。「赤星選手みたいになりたい!」と本人はタテジマ一本みたい。

高校生ドラフトで指名した3選手に加え、新たにこの日4選手が加わり”若虎7人衆”となりました(さざまるさん、ぱくってごめんなさい)。
新外国人のボーグルソンと若虎7人衆が加わり、2007年版阪神タイガースが出来つつあります。

あの憎き巨人は日ハムから小笠原を獲得したそうです。
相も変わらずよその選手を穫ってきての補強に余念がありませんね。

我が阪神タイガースは、そんな”悪の根源”ジャイアンツを来年もいじめますよ!!

| | コメント (4)

2006年11月21日 (火)

大学社会人ドラフト

11月21日大学・社会人ドラフトが行われます。

我が阪神タイガースはすでに希望枠で小嶋達也投手(大阪ガス・左)の獲得が決まってます。
小嶋投手は身長180㎝、MAX148キロの速球派左腕。スライダー・フォークの変化球も多彩で、即戦力として期待されています。

とまあ、虎党である皆さんならすでにご存知ですよね。
今回のドラフトは、希望枠の小嶋くんの次に3巡目で指名する選手が問題!

061121bt20061121031_mde00327g061120tこの写真の選手、法政大学の大引啓次選手(内野手・右)が捕れるかどうかが問題なのです。

大引選手は東京六大学で2度の首位打者に輝き、通算安打数歴代4位の121安打を放った”安打製造機”なのですよ、そう!今岡2世!!
しかも彼は大阪生まれの大阪育ち。
浪速高校2年の春に選抜で甲子園に出場、それ以来彼は甲子園でプレーすることに憧れを抱いてます。
タイガースも右の強打者は喉から手が出るほど欲しい!
内野手も鳥くん以外は若干年齢が高く、将来の阪神を担う”鳥谷・大引の二遊間”はチームの看板になること間違いなし!

しかし大引くん、六大学選抜チームのトップバッターで出場したヤクルトとの試合で、先発藤井から先頭打者ホームランを打ってしまいました、その日3安打の大活躍。

”ホームラン打つバッターならイイじゃん”って?

よくなーい!!
そのインパクトが強烈で、ヤクルトが先に指名しそうなのですよ(泣)
岡田監督も「打たんでエエのに・・・」と(;_;)

大引くんの評価は各球団も高いのですが、阪神以外で指名しそうな球団はロッテだけだったのです。
そのロッテも投手補強が最優先で、3巡目には投手を捕ってくるだろうと、そーなると阪神が大引くんを指名することができたのです、が・・・
そこで出てきたヤクルト(怒)
3巡目指名はヤクルトが7番目、阪神は9番目・・・

お願いですヤクルトさん、いや古田さん!邪魔しないでくださいm(__)m

他に阪神が指名予定の選手は
上園啓史投手(武蔵大・右)、彼は右の井川と呼ばれる速球派投手。こちらも即戦力です。
清水誉捕手(関学・右)、兵庫県三木市生まれ、小野高校から関学と関西で野球をやってきた選手、プロも地元の阪神に入りたいと。しかも”矢野崇拝者”です。

希望枠の小嶋くんと合わせて4人〜5人の指名となるであろう阪神です。
運命のドラフトは午後2時から。

| | コメント (5)

2006年11月13日 (月)

”子虎”秋季キャンプ見学

高校生ドラフト1位、野原くん(長崎日大:内野手)と3位の橋本くん(智弁和歌山:捕手)の”二人の子虎”が倉敷で行われてるタイガースの秋季キャンプを訪問。「事前見学研修」を行いました。
いい刺激になったみたいですね。

Base02_1赤星選手会長に挨拶する二人。
挨拶されたレッドの方が照れてませんか(*^^*)?

今回は4位で入団の横山くん(日本文理:投手)は参加できなかったみたいですが、秋季キャンプに来春入団予定の選手が見学するなんてのは球団初の試みだそうです。

事前に見られるのって、会社から内定もらった学生なら「職場見学」で当たり前ですが、ここはプロの世界。
各選手が個人事業主ですから、色んな手厚いもてなしはしてくれないのが当たり前。

でも、そこは高校生っちゅうことで球団も「早く職場に慣れてもらおう」ってことなんでしょうか。
いい試みだと思いますよ♪

1位指名の野原くん(クレヨンしんちゃんではありません)は大型の内野手。長打力が魅力のバッティングが売りの選手です。
3位の橋本くんは、全日本高校選抜のアメリカ遠征チームの4番を打ってた選手。
駒苫の田中くんやハンカチ王子が話題になってましたが、橋本くんのバッティングでアメリカに勝利したんですよ。城島2世と呼ばれるほどのバッティングと強肩が売りの選手です。

岡田監督いわく「濱・関が入団した時より身体が大きいやろ」だそうです(^^)

タイガースはどっかの東京のチームと違って、生え抜き選手と移籍選手のバランスのとれたチーム、若手の育成に最も力を入れてます。
現在レギュラーで活躍してる濱ちゃん、せっきー、球児くんも高校生で入団した選手。
野原くん橋本くん横山くん、彼らも大きく育って、将来の阪神タイガースを背負う選手になって欲しいものです。

彼らがレギュラーで出るころにはV10ぐらいしてないかなー。

| | コメント (7)

2006年11月11日 (土)

井川ポスティング移籍、新外国人選手来日

06111101「ヒロシです・・・」

じゃなかったボーグルソンです。
似てません?ヒロシ。

来季の新戦力としてパイレーツから獲得したライアン・ボーグルソン投手です。
身長191㎝・右投げ右打ち、MAX159キロの速球が彼の武器です。
メジャーで2ケタ勝利のボーグルソン投手、果たして来季どんな活躍をしてくれるのでしょうか。
チームは先発を考えてるようですが、私個人の意見で言わせてもらうと、ジェフから球児くんに繋ぐ投手になって欲しいと思います。

今の野球は7回ってところが一番大切なイニング。
今までは、そこを球児くんがスパッ!と斬って阪神に勝利の流れを呼び込んでいたのです。
でも来季から球児くんはストッパー。
彼の代わりのセットアッパーがどうしても必要です。

ボーグルソンなら球は速いし”うってつけ”じゃない?
7回をボーグルソン(右)8回をジェフ(左)9回を球児くん(右)で完璧な勝ちパターンが完成です。
心配なのはコントロールがいいかどうか・・・
前評判通りの活躍ができれば、来季の阪神のV奪還は確実でしょ。

しかし奥さんベッピンさんでんなー(おっさんか!)

奥さんもいない一人もんで、岡田監督いわく「英語をしゃべってる姿が想像できん・・・」とまで言わしめた井川くん。
とうとう球団からポスティングでの移籍を承認されました。
Base01_2彼の長年の夢であったメジャーへの挑戦がようやく認められたのです。

晴れ晴れとした笑顔で記者会見に臨む井川くん。
彼の表情を見てると「よかったね井川(^^)」という気持ちになりました。

記者会見でちゃんとファンのみなさんへ感謝の言葉も伝えた井川くん。
「入団から支えてくださったファンの方々のおかげでポスティングが認めてもらえました。甲子園を去るのは寂しいですが、自分の夢に向かって全力で頑張りたいです。」

星野SDの「勇気ある決断をしたタイガースを裏切らないように。夢をかなえてもらったんだから感謝の気持ちを忘れるな。」のお言葉通り、ファンはメジャーでの活躍を楽しみにしてますよ。

「やるからには、阪神の代表として日本の代表として恥ない成績を収めたいと思ってます。」
そう!阪神タイガースの代表として「さすが井川や!」と言われる成績を残してください。

来年は我が阪神タイガースのV奪還・日本一・アジア一の楽しみに合わせて、井川慶のアメリカでの活躍も楽しみに加わりました。

松井を三球三振に取ってこい!!

| | コメント (6)

2006年11月 9日 (木)

赤星憲広ゴールデングラブ賞

8日、セ・パ両リーグのゴールデングラブ賞が発表になり、我が阪神タイガースからアンディとレッドが選ばれました。
06110901おめでとう!!
特にレッドは4年連続5度目の受賞です。

プロ野球選手って、タイトルは誰だって欲しいに決まってるんですが、このゴールデングラブ賞は特に欲しいみたいですね。
なにせ、打撃がどうとか打率がどうとか関係無く、守備のみに送られる賞ですし、随時出場してる選手でないと選ばれないから、野球選手にとっては1年間守り続けたっていう勲章みたいなもんなんでしょうね。

今年はレッドにとっては、とても不満なシーズンだったことでしょう。
入団6年目にして初めて盗塁王のタイトルを青木に持って行かれました。
本人は口にはしませんでしたが、ケガの具合は決して良くなかったみたいですね。
”足”の人が足のケガですから、それは辛いシーズンだったことでしょう。

この秋季キャンプ、一心不乱にバットを振り込んでます。
誠っちゃんもそうですが、今年悔しかった思いが強い選手ほど、来年は活躍してくれることと信じてます。

目指せ!シーズン100盗塁!200本安打!(できればホームラン1本)
レッドならやれる!!

| | コメント (5)

2006年11月 7日 (火)

今岡!男のけじめ、タテジマで見返す!

06102510FA権を取得していた今岡誠っちゃんが、なんと8000万円の減棒!しかもFA権の行使をせず来季もタイガースでがんばると男のけじめの決意表明です。

首位打者、打点王に輝いた平成のミスタータイガースも今シーズンは思うような活躍ができませんでした。

っつうより最悪だったんじゃない?

ホームランを狙おうとするばかりに、引っぱりの意識が強く、いつもの誠っちゃんの”バットに乗せる”バッティングができなかった前半戦。
後半戦になると、持病の”バネ指”もひどくなり、送球でのミスも続き、かさねて死球による右手首の関節症で登録抹消。
長期離脱と手術という結果になってしまいました。

しかし誠っちゃんは「この成績で年棒が落ちなかったら、自分自身が許されへん!」と球団ワーストとなるマイナス8000万円で契約、しかもFA権の行使をせず、来季もタテジマの一員として甲子園を湧かせる決意です。

FA権を行使すれば、彼ほどの実績のある選手ですから、他球団からの話はあるでしょうし、阪神としても引き止めに躍起になる訳ですから、当然年棒は下がるどころか最悪現状維持、もしかしたら他球団の流失を恐れてアップなんてことになってたかもしれません。

でも誠っちゃんは、そんな”小細工”をせず、堂々とマイナス提示をのみました。
それもこれも、今年優勝できなかったのは自分のせいだと思ってるから・・・

今岡誠っていう男はそんな人間なのです。

「来年は、新しい今岡誠を見せたい」
苦しい時代のタイガースを知る選手ですから「強いチームでないといけない」という気持ちは人一倍強いでしょう。
もともと入団当時は”強肩のショート”で入った選手なんですよ(^^)

2007年、今まで見た事も無いハツラツとした今岡誠を待ってます。

| | コメント (5)

2006年11月 6日 (月)

金本アニキも生涯タテジマ!

アニキこと金本選手のFA残留が決まりましたね。

06092209
かねてから”残留”は決まってるって噂でしたが、こうやって本決まりになると正直ホッとします。

兵庫医科大学の学園祭にゲストで呼ばれたアニキ。
学生から「阪神で現役を終わってもらえますか?」の質問に、
「歳も歳だし、終わらざるえないでしょう」だそうです(^^)♪

よく聞いた医大生!!

アニキの偉大さは、ここで私がとやかく書くのもおこがましいので書きませんが、アニキがタイガースにもたらしてくれた功績は選手としての成績以上に絶大でした。

ちょっとしたケガでは休まない体質がチームに出来たこともそうなんですが、
アニキが来てからチームが明るくなったと思いませんか?

ま、アニキが来るまで弱かったてのもあるんだけど(汗)

アニキが来てから2度のリーグ優勝。
明るい選手が多いから強いのか、強いから明るい選手が多くなるのか・・・これは難しいですが、今年の日ハムのように明るい選手が多いチームは強いんだと私は思います。

アニキいわく「FAの年は成績がいつも良くないから」だそうです。
来年のアニキの活躍に今から期待です。

| | コメント (3)

2006年11月 2日 (木)

エース井川のメジャー移籍

我が阪神タイガースのエース、井川慶がポスティングによるメジャー移籍をフロントに話しました。
まっ、メジャー希望は言い出して3年目だけどね。
06110110
最初の年は、ゴネてゴネて自費でキャンプにも参加したぐらい”だだっ子”でした。

去年は割と素直に諦めました。シーズンで結果を残して、ファンにも球団にも喜んで送り出されるくらいになってやろうっていう気持ちが多少見えましたよね。

そして今年。
はっきり言ってファンは納得できる数字じゃないんですよねー。
奪三振のタイトルは取ったけど、本当は最多勝ぐらい取って欲しかった。
っつうか優勝して欲しかったんだよね。
エースで落とした大事な試合がたくさんあったような記憶があります。
ここで勝ってれば!って試合で必ず負けてたような・・・・

まあ、今年メジャー行きがダメでも来年も言うんでしょ?井川くん。
なら行かせてやれば?って私は思います。

確かに彼が抜けると阪神投手陣は辛いですよ。
毎年200イニング以上投げて、10勝以上する投手はどの球団でも喉から手が出るほど欲しいんですから。
計算できるピッチャーですからね。
来季、V奪還が最低目標のタイガースにとっては痛いです。

しかし、考えようによってはFAで行かせるよりポスティングの方が球団にお金が入ってくるわけだし、
それよりなにより、本人の気持ちが向こうへ行ってるんであれば、仕方ないでしょ。
ここはひとつ、阪神ファンとしては、気持ちよく送り出したいと思います。

でもね、正式に移籍するのであれば、ちゃんと記者会見でファンに素直な気持ちを伝えてくださいね。
どれだけメジャーに憧れてたとか、今までタイガースに在籍しててどうだったとか、タイガースファンに対する気持ちとか、阪神タイガースという球団への愛情とか・・・・
きっちり話してから、メジャーへ行ってください。
そして、日本球界へ復帰する時は必ず阪神へ!!

松坂と同じ年にメジャーへ行くのは、何かと損なような気がします。すぐ比較されるだろうしね。
でも自分の選んだ道ですから、ちゃんと結果を出してください。
それが今まで応援してきたタイガースファンや、育ててくれた阪神球団への恩返しですよ。

マリナーズが松坂捕りから撤退したという情報です。
金額が高くつくからでしょうね。
となると、マリナーズが井川捕りに参戦してくる可能性は”大”ですね。
噂ではメジャー5球団が興味を示して、入札金は10億円超だとか・・・
ちなみに松坂は入札金14億円超らしい。

来年”ポスト井川”で、阪神投手陣の底上げを期待して、メジャーで大活躍をする井川くんを楽しみにしてます。
ア・リーグチャンピオンのデトロイトタイガースなんていいんじゃない?阪神と提携してるしね。
でも、なるべくならBS中継のある球団が希望です。ヤンキースとかマリナーズとか。

TVに映らんと薮の二の舞になりそうやから。。。。

あ!あと日本語ができる散髪屋さんがあるところ!

| | コメント (4)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »