2006年8月22日 (火)

野球は本当に素晴らしい

第88回全国高等学校野球選手権大会

Photo_182早稲田実業の選手のみなさん、優勝おめでとうございます。

駒大苫小牧の選手のみなさん、ありがとう。

今回の夏の甲子園は非常に素晴らしい試合ばかりでした。

私が高校3年生の時、県予選の2回戦でその年の代表校と対戦し、延長10回にサヨナラ負けして甲子園出場はなりませんでした。

その時はまだ私の母校は、春・夏通じて甲子園への出場はありませんでした。

でも、当時は同年代の甲子園って結構熱心に見てたし、郷土の代表は一生懸命応援してたものです。

それから月日がながれ、今から十数年前、春の選抜大会で母校が初出場することになりました。

初めて甲子園で聞く母校の校歌、自分達の時代にはできなかったことを、後輩たちが成し遂げてくれました。これは今まで感じたことのない感動でした(タイガースが勝って歌う六甲おろしの1億倍感動!)

結果は決勝で大阪代表に敗れ、準優勝でした。でもその年5回も甲子園で校歌を歌うことができて、後輩たちには感謝です(現在では春2回の出場経験があります。夏はまだだけど)

それを経験してからというもの、母校が出ない甲子園は、いまイチ盛り上がらないし、県予選で母校が敗退した段階で高校野球というものを見なくなりました。

変な言い方ですが「一度究極の感動を味わってしまうと、他では物足らなく感じてしまう」そんな感じですかね。。。

でも、今年の大会はどの試合も感動と興奮の連続でした。終盤の大逆転劇・最後まで諦めない気持、決勝戦が延長引き分け再試合なんて37年ぶりです(37年前の松山商-三沢の試合は小学生でしたけど見てました)

さめてた私も、食い入るように見てましたよ。

こんな感動した甲子園は久々です。平日の決勝再試合にもかかわらず、徹夜組まで出た満員の甲子園球場、タイガースでは見慣れた光景ですが、高校野球では滅多に見られませんよ!

やっぱり皆同じ気持なんだなぁって・・・・

各校の関係者の方や、北海道の人・東京の人は当然ながら、他の出身の人でも純粋に「野球って素晴らしいな」って思ったから、これだけの人が見にこられたのでしょう。

本当に素晴らしい試合でした。本当に選手達には感謝です。

WBCの世界一から始まった今年の野球ですが、高校生もそれに負けない感動を与えてくれました。

後はプロ野球です。セ・リーグは中日なのか、それとも奇跡の逆転連覇で阪神なのか。

パ・リーグは西武・ソフトバンク・日ハムのプレーオフで決まりなのか、どこが優勝するのか。

WBCも甲子園も、純粋に勝ちたいって思うチームが勝ったように思います。プロ野球だって同じでしょ。純粋な気持のチームが優勝すると思います。

早稲田実業・駒大苫小牧の選手達が感動するような試合をして欲しいものです。

憧れのプロ野球なんですから!

| | コメント (3)

2006年7月22日 (土)

茨城ゴールデンゴールズ存続決まる

Photo_142解散宣言の出てた欽ちゃん球団「茨城ゴールデンゴールズ」の存続が決まりました。

22日、新潟で行われた震災復興支援チャリティ試合の時、欽ちゃんから

「おれやるよ、みんながやれって言うからやるよ」

「欽ちゃんだけのチームじゃないんだね、みんなが応援してるんだから」

って言ったそうです。よかった!よかったね、選手のみなさん。これで心置きなく野球ができますね。

でも、不祥事があったことは事実です。欽ちゃんが涙しようが、署名運動によって多くのファンが存続を願おうが、起こった事件は事実なんです。

球団も、選手も今回の事件はしっかりと胸に刻んでおいてほしいと思います。

連帯責任の美学なんてクソくらえだって言いましたが、野球は団体競技です。

もっと言うなら、野球はチームと球団と裏方さんとファンが一つになるスポーツだと思います。その誰かが困っていれば助け、力になってあげるのが野球じゃないでしょうか。

選手も球団もファンも、気持ちよく野球ができる環境は、みんなでつくらないと誰かがつくってくれるもんじゃ無いと思いますよ。

今回の事件は、悪いのは当然”極楽とんぼ”山本と同席していたと言われる選手です。

だからって、一部の人間によってがんばってる他の選手が野球をする環境が失われて行くのは、おかしな話でしょう。

球団を解散させるのが責任の取り方ではなく、もう二度とこんな事を起こさない・起こさせない環境をみんなでつくるのが責任の取り方ではないでしょうか。

茨城ゴールデンゴールズが、欽ちゃんの言う「夢列車」なのであれば、野球に対して真面目に取り組んでさえいれば、すばらしい未来がある環境をみんなでつくってください。

今回、関心を持った全ての人へ(当然私も含めて)

せっかくWBCで日本の野球は世界一になったんです。

小さな地域でがんばってる野球チームは全国たくさんあります。

欽ちゃんの球団だからとか、TVで話題になってたからじゃなくて、みんなでこういうチームを応援していきましょう。

リトルリーグでも、高校野球でも、社会人野球でも、当然プロ野球でも。応援する人がいなければ発展しませんから。

本当に野球が好きなら。

欽ちゃん!こうなったら全日本クラブ選手権、優勝してくださいね!

| | コメント (4)

2006年7月21日 (金)

欽ちゃん球団「茨城ゴールデンゴールズ」

今やちまたの話題を独占してる感のある欽ちゃん球団こと「茨城ゴールデンゴールズ」の解散話。

極楽とんぼ山本の不祥事で責任をとって球団を解散するって言う欽ちゃんですが、これっていかがなもんでしょう。。。

Photo_137確かに欽ちゃんがオーナーである社会人野球のクラブチームですし、その球団の一所属選手の不祥事は球団の責任であり、オーナーである人の責任かもしれません。

でも、このチームを創ろうって思ったきっかけは、社会人野球(特に企業野球部)の廃部があいついで、本当に野球をやりたいって思う選手の為や、応援してくれる地元のファンの為ですよね。

茨城ゴールデンゴールズが誕生して、その後を追うように色々な方々がクラブチームを立ち上げる様になりました。

それによって野球を志してる選手が希望を持てて、地域が盛り上がって、その中から一人でも多くプロ野球へと進める選手が出てくれば、また盛り上がる。

茨城ゴールデンゴールズは去年の全日本クラブ選手権で初出場ながらベスト8まで勝ち進んだ強豪チームです。

選手のみんなも地元の皆さんも「よし!今年は優勝だ!」って思ってたはずです。

もう”欽ちゃんの野球チーム”じゃ無いと思うんです。

もうタレントさんのお遊び野球の部類はとっくに終わってて、地域の社会文化なんですよ。

社会文化は簡単に無くしてはいけないんです。

社会文化の最たるプロ野球でも「近鉄・オリックスの合併」や、昔「阪急ブレーブスの売却」「南海ホークスの売却」がありました。企業が儲からないからって理由で球団を無くしちゃう。ファンは?選手は?まったく無視かよ!って思います。

野球ってスポーツは、日本人にとって人と人との大切なコミュニケーションの手段だと思います。野球をやるのが好きな人も、見るのが好きな人も、みんな野球を愛してると思います。

プロ野球で、ファン無視の球団運営にはもう懲りてるんです。それに問題定義してくれたのが欽ちゃんでしょ?

選手の不祥事かもしれませんが、極楽とんぼ山本はりっぱな社会人です。社会人ならちゃんと責任は一人で取れるはずです。チームや選手や、ましてや地元のファンまで責任取らないといけないんですか?

欽ちゃん、もう一度考えてください。

茨城の方や全国のファンの喜ぶ顔を無くしていいんですか?

私はそう思います。

ちっちゃい一個人のブログですが、球団解散反対の声になればと思い書きました。

| | コメント (4)

その他のカテゴリー

プロ野球 | 野球 | 阪神タイガース